院長・勤務医ブログ

2016年11月 6日

10月は、院長は歯周病の勉強会へ、輪田先生は白い詰め物(レジン)の勉強会へ、松岡先生は衛生士の就職説明会に参加してきました。

20161013_194044_834.jpg   

今月は、歯周病とインプラントの勉強会、『ジアズ』に参加してきました。
毎月1回木曜日の夜19時から、新大阪で開かれるこの勉強会には、
全国から勉強熱心な先生たちが数多く参加しています。
今回も、歯科医療の頂点に立つ先生達の発表でしたので、
ついていくのに精一杯でしたが、たいへん勉強になりました。
この学びを継続するために、来月からも参加し続けてていきたいと思います。


DSC_1340.JPG

そして、今月はジアズの講師でもある京都の瀧野先生の医院の
『患者様説明会』に参加してきました。
瀧野先生は、15年前から地域の歯科医療の向上のために、
月二回患者様向けに、毎回1時間半勉強会を開催しています。

私も、過去に1,2回患者様に勉強会を開催したことはありますが、
歯科業界ひろしといえども、15年間月に2回開催し続けられている
勉強会は、今まで聞いたことがありませんでした。

実際に参加してみて、患者さんがどの様なことに悩んでいるのか、
患者さんがどの様なことに困っているのかが、よくわかりました。

この学びを、日々の診療に生かし、より分かりやすい歯科医療を
患者さんに提供できるようにしていきます。


-------------------------------------------------------------


こんにちは。副院長の輪田です。
10月は大阪にダイレクトボンディングのハンズオンセミナーに
行ってきました。

14563307_898380170294727_418069934386330142_n.jpg

ダイレクトボンディングとは、虫歯に対して白い詰め物で治していく
治療です。

今までは、強度に問題があり、ごく限られた症例でのみ使うことが
できるテクニックでしたが、最近では、接着技術や強度などが劇的に
良くなり、多くの症例で用いることが可能になりました。

最大のメリットは歯を削る量を少なくでき、患者様の来院回数を、
減らすことができるということです。

しかし、歯の色や形を人工物とはわからないくらいに再現する技術は
とても難しく、様々なテクニックや知識がいります。

14720596_898380153628062_2425612026820371723_n.jpg

今回は、実際に模型を使って、前歯の美しい治し方を詳しく学んできました。
患者様に満足していただける治療をこれからも学んでいきたいと思います。

14656267_898380123628065_7605359608442071135_n.jpg


-------------------------------------------------------------


14670725_526536000876615_7882292930111279487_n.jpg
 

こんにちは!歯科医師の松岡です。
先日スタッフ4名で歯科衛生士の『就職説明会』に参加してきました。

参加者100人の前でのプレゼン発表があったので、
当日まで、このイベントに向けて何度も練習を重ねてきました。

おかげさまで大成功し、
人前で話すことに自信をつけることができました!

そして、医院ブースの方にも大勢の方に足を運んでいただき、
順番待ちの列ができるほどで、松年歯科の仲の良さと
チームワークを存分に伝える事ができたと思います!!

また、就職希望の方とお話しする中で、
改めて日々の診療で自分が大切にしていることを見直したり、
歯科医師になった頃の気持ちを思い出したりと、
私自身もたくさんの刺激を受けました。

これからも初心を忘れず日々成長していきたいと思います!


-------------------------------------------------------------

・院長が定期的に更新する治療紹介のブログです
 http://www.shinbi.biz/results/ (審美治療)
 http://www.sika-net.com/ (インプラント)
 
・松年歯科クリニックでは現在、一緒に働いていただけるスタッフの方
 を募集しています。前向きで笑顔の素敵な当医院のスタッフと一緒に
 お仕事をしてみたい方は、ぜひ見学にお越し下さい。
 http://www.syounensika.jp/ (松年歯科求人HP)
-------------------------------------------------------------- 

 
 

2016年9月19日

8月は口腔内カメラ撮影の院内勉強会を開催、9月はインプラント学会の認定医試験でした。

14199269_508470029349879_1095303963508284940_n.jpg  14199551_508470116016537_1548771254749397818_n.jpg

8月は口腔内カメラの技術向上のため、
講師の方をお呼びして院内勉強会を開催しました。

口腔内写真を撮る目的は2つあります。
1つ目は正しい診査・診断、治療計画を立てるため。
2つ目は、治療前と治療後の状態を患者様にお見せすることにより、
今後健康的な歯を維持するためのモチベーションにして頂くことです。

今回は講師の方に、当院で行っている撮影方法を再確認して頂き、
今後、より患者様のニーズに応えられるように、
カメラの知識と撮影方法を1日かけて学びました。

今後は患者様に写真をお見せすることによって、
今のご自身の歯の状態を知っていただき、
よりお口の中に関心を持っていただき、
健康的な生活が送れるようにサポートしていきます。


FB_IMG_1474178804394.jpg  edited_1474177336830.jpg

9月は、私(院長)がインプラント学会の認定医の
ケースプレゼンテーション試験を受けてきました。
試験は、試験管3人を前に症例を10分間発表して、
その後15分の口頭試問を受けるというものです。
半年前から準備をして、1か月前からは図書館やカフェに通って
受験生並みに勉強しましたが、受験の頃と違うのは体力と頭が
イメージ通りについてこないという、年齢を感じずにはいられない
厳しい現実でした。。。
しかし、そんな努力のかいあってか、今回は無事合格することが
できました。
協力してくれた家族やスタッフに感謝しながら、
次は専門医に向けて頑張って行きたいと思います。


14355136_984727218302542_7559801711993933392_n.jpg  14102175_869096446556433_2675774218101434314_n.jpg

14045694_963027413805856_531593253167450976_n.jpg

そして、勤務の先生たちも、「インプラント学会」や「非歯原性の痛み」
についてのセミナーや、石井宏先生による『歯内療法の幹を学ぶ』の
セミナーに参加しています。

院長の私からみても、本当に勉強熱心な先生達だと思います。
そして、毎月どんどん成長している姿を見ると、頼もしい限りです。


DSC_1046 - コピー.JPG  DSC_1078.JPG

ですので、私も負けじと、毎月恒例のインプラントのオペ見学や、
即時インプラントの講習会に独りで参加して来ました。

また、10月もスタッフ全員で、多方面にチャレンジしていきますので、
松年歯科をよろしくお願いします。

 

2016年7月31日

7月はインプラントの勉強のため東京に行ってきました。

edited_1469939737497.jpg  DSC_1043.JPG

今日はインプラントのスタディーグループ、OJに参加してきました。
本日のテーマは「軟組織のマネージメント」。

歯科というと硬組織である、硬い部分の歯や骨に注目しがちですが、
美しい見た目の歯を構成する要素として、歯茎の形や色を軽視することは出来ません。

近年では、審美への関心も高まり、歯茎のバランスを気にされている患者様が
増えてきています。
そのため、状況に応じて、歯茎の形を変えるテクニックが必要になってきます。
形を変えると言っても簡単ではなく、歯茎を増やすのか、下げるのか、
色をどうやって変えていくのかなど、様々な方法があります。

今回は世界的に有名な先生が大勢講演され、
今後の臨床に応用出来る知識を得ることができました。

今後もたくさん勉強していき、
様々な悩みを抱えている患者様の助けになれるように日々頑張っていきます。



20160706_121511_672.jpg  20160713_120035_373.jpg

今月は、日本を代表する歯科医師、京都の瀧野先生の歯科医院に、
オペ見学のために2回もお邪魔させてもらいました。
 

そして、いつもなら輪田先生と私の2人で行くのですが、
今回からは松岡先生も参加することになりました。
松岡先生にとっては、普段の診療ではなかなか出会うことのない
オペを見ることができて、刺激になったと思います。


院長の私も負けてはいられないので、
さらなる飛躍のために真剣にオペ見をしてきました。


これからも、このように常にスタッフ全員で刺激しあって、
皆で良質な診療ができるように頑張っていきたいと思いました。



FB_IMG_1469376572765.jpg


先日、松年歯科のスタッフ5人と私の計6人で「就職説明会」に参加してきました。
説明会は、求職者の参加人数が約80名と、活気あふれる説明会となり、
スタッフ6人では対応しきれないくらい私たちのブースにもたくさんの方に
来ていただき、大盛況となりました。

そんな中で、当医院は就職希望者を対象に20分のプレゼンを行ってきました。

皆、緊張してガチガチでしたが、終わった後の少し自信に満ちた顔をみて、
少しづつ成長していくスタッフに頼もしさを感じました。




 

2016年7月 3日

6月は、滅菌・消毒のセミナーを院内で開催しました。

tagami.jpg 2016-06-29 16-00-05_ddns06-fa-a1.dvrdomain.com_Ch5_origin.JPG

本日は「滅菌、消毒と感染管理 感染制御学」について、ヒンメルの講師2人を
大阪からお呼びして、院内セミナーを開催したので、報告させていただきます。

器具の滅菌、消毒は患者様の安全のためにも、正しく行う必要があります。
松年歯科では、普段行っている方法に問題がないか、もっとより良い方法が
ないかをチェックするために、スタッフみんなで定期的に勉強会を開いています。
 
今回は、午前中は講義。午後は院内の器具の整頓をすることで、
清掃をしやすくし、埃などに付着するウイルスや細菌を間接的に減らす為に、
大掃除をしました。
また、消毒方法も、色々な方法があり、器具によっては熱に弱かったり、
水分に弱かったり、一種類の方法では全ての器具に対応できません。
そのために、器具ごとにどのような方法、薬剤が良いのかも詳しく教えて
いただきました。

今回のセミナーで、松年歯科の滅菌・消毒レベルがまた向上しました。
今後はこの状態を維持できるように、細かいところにも気配りの出来る
医院作りを目指していきます。


13529216_927303590711572_7857471671062381112_n.jpg
 
本日は谷田部優先生による『パーシャルデンチャー設計の考え方と臨床』に
ドクターチームで参加してきました。

午前中はパーシャルデンチャーの治療方針の立て方と設計・臨床を、
午後はノンメタルクラスプデンチャーの基礎知識と臨床を学びました。

パーシャルデンチャーの設計時に、さらなる咬合の崩壊を予測して防止する
設計や、印象までの前処置のポイントなど詳しく学びました。
また、審美義歯の基本と設計方法なども改めて学ぶことができました。
 
入れ歯治療は、患者様のニーズに合わせた治療を提供し、
その患者様のQOLを読み取ることがとても大切になってきます。
そのため、しっかりと主訴を聞き何を求めているかを理解して適切な
カウンセリングができるように本日の学びを生かしていきます。


13432250_830018357130909_5846770661032654664_n[1].jpg

東京で開かれた、顎咬合学会の総会に参加してきました。

顎咬合学とは、噛み合わせについて研究していく学問のことです。

歯が無くなっていくと、歯並びが変わってきたり、噛み合わせが
アンバランスになったり、全く噛み合わなくなったりと、
様々な問題がでてきます。
そういった患者様に、本来の正しい噛み合わせを再現して、
入れ歯や被せ物、インプラントを入れていくことが必要となってきます。
そのための正しい咬み合わせへの誘導の仕方や、被せ物の構造などに
ついて、詳しく学んできました。

歯が無くなった部分のみをみるのではなく、今ある歯の部分も本当に
正しいのか、顎関節に負荷はかかっていないかなど、全体を見ながら
治療計画を立てていく重要性を再確認しました。

今後も学びで得た知識を治療に活かして、当医院の診療レベルを
さらに向上させていきたいと思います。


 
2016年6月 3日

5月のドクターチーム勉強会参加報告。

13226935_907627832679148_7807263555499095979_n.jpg 13230299_907627736012491_6915068987323083931_n.jpg

Dr 松岡

本日は、日本大学の宮崎真至先生による
『評価されるコンポジットレジン修復の臨床テクニックの実際』に参加させて頂きました。

以前に宮崎先生の著書で学んだことを、本日はライブデモで実際の臨床手技を
より深く理解することができました。
 
毎日行うCR治療ですが、特に前歯部の治療では技術の差が一目で患者様にわかります。
美しい仕上がりで、患者様に笑顔で満足して帰って頂くためにも、
今日学んだ技術を少しでも活かせるように日々考えながら診療していきたいと思います。
 
また明日からの診療も頑張ります。


13307259_822204131245665_1775719287009967091_n.jpg 20160529_110320_367.jpg 

Dr 輪田

今日は院長と2人で、大阪で開かれた、インプラントセミナーに参加してきました。
インプラントは、他の治療に比べ歴史がまだ浅く、日々進歩が続いている分野です。

前半は実際にパソコンを使ってのインプラント埋入のシミュレーションをハンズオンで
行いました。普段はレントゲンで2次元的にみる画像も、CT画像で3次元的にみると、
注意しなければならないポイントや骨の密度など様々な問題点がわかってきます。
ソフトが新しくなる度に、よりクオリティーの高い治療が可能になるため、
治療だけでなく、パソコンの知識も今後は必要だと改めて感じました。
 
後半は、インプラント周囲炎の予防、診断治療についてでした。
インプラントも、歯と同じように、歯磨きを怠ると、歯周病になります。
そのため、被せが入って終わりではなく、その後のケアが非常に大切になってきます。
講師の先生から、海外の論文のデータを基に、ベストな清掃器具や、
汚れが溜まってしまったインプラントの治療方法を詳しく学びました。

全ての治療は、患者様との信頼関係が築けて、はじめて良好な治療経過をたどることが
できると思うので、これからも普段の治療を大切にしていきたいと思いました。


DSC_0530.JPG 20160522_145922_509.jpg

院長

今月は先ほど輪田先生のブログで紹介のあったTIPIというグループのインプラントセミナーを
大阪で、そして高齢者医療のセミナーを名古屋で、最後に地域一番実践会という、前向きの
塊のような先生達の集まりに東京で参加してきました。

実践会で一緒になった左隣の先生は秋田から、そして右隣の先生は長崎から来ていて、
名古屋からゆっくり来て満足していた自分が少し恥ずかしくなりました。

上には上がいるものですね。

こういったやる気のある先生たちに囲まれながら勉強できることに感謝をしながら、
向上心を持って診療に当たりたいと思っています。


 
2016年5月18日

4月は、ドクターチームで口腔がんの講習会へ、そして松年歯科のスタッフとマラソン大会に参加してきました。

13101363_463101137220102_312064467_n.jpg

本日はドクターチームで口腔ガンの講義に行ってきました。

発生頻度がかなり低いため、一般の診療ではほとんど診ることはない癌ですが、
見逃すと患者様の命に関わる可能性が高くなります。
また、顔面領域にできる病気ですので、早期発見をすると、手術侵襲が極力小さくてすみます。
そのため、直接治療するわけではないですが、症状や、特徴を学んでおく必要があります。
今回の講義は画像を多く使い、より臨床的な内容で、わかりやすかったです。
幅広い知識も今後の治療に活かせていけるように頑張っていこうと思います。
 
Dr.松岡
患者様自身では気付きにくい口腔内の異常を発見できる機会のある
歯科の役割の重要性を改めて認識しました。
そして、癌は正常組織と①色の違いと②硬さの異なりが大きな鑑別の
ポイントになることも学ぶことが出来たので、
日常の診療で少しでも違和感を感じたら慎重に診査し、
治療の機会を逃さないようにしていきたいです。
 


12933075_229149034113316_3552985489959481371_n.jpg 12718095_229148977446655_1910045241823848849_n.jpg

4月に松年歯科スタッフで初・マラソン大会に参加してきました!
皆、練習もあまりせずに、リレーマラソンなので何とかなるだろう!くらいで参加しましたが、
世の中そんなに甘くなく、大会ではタイムアウトぎりぎりで、失格の危険と闘いながらの
ゴールでした。 そして、もちろん順位は最下位でした。。。

しかし、この結果にも負けずに、来年もスタッフ皆で参加したいと思います!!


 

 

 

2016年4月 2日

静岡県口腔インプラント臨床講演会に参加してきました。

12935277_795485127250899_810379216_n.jpg 20150527_115058_785.jpg

先週の日曜日は、早起きして、静岡県口腔インプラント臨床講演会に参加してきました。
「超高齢社会における口腔インプラント」や、「開業医としてのインプラント」などの講演を聞くことができました。
大きな学会とは違って、開業医の先生の発表が他にもたくさんあって、とても身になる講演会でした。
また、来年も参加したいと思います。

そして、その週の水曜日は、世界のトップインプラントジストである「瀧野先生」の医院見学をさせていただくために、
京都に行ってきました。
いつも見学に行くとお昼をご一緒させていただくのですが、その時の話がためになること、ためになること。
いつか追いつきたいと思い努力を重ねていますが、世界の壁は本当に高く厚いです。
少しでも近づけるように今日も頑張っていきたいと思います!

 

944887_223381668023386_3854438821257076365_n.jpg  

そして、今月は診療後に輪田先生の誕生日会をしました。
輪田先生が当医院に来てからというもの、
その優しい人柄から、先生を慕う仲間がどんどん増えていき、
今では写真のような笑顔の素敵な仲間たちがたくさん集まってくれました。
4月からは、衛生士3人、管理栄養士1人が新たに仲間として加わってくれます。
益々、笑顔の輪が広がっていく予感がしています。
今後もこの仲間とともに、さらに地域の方々に愛される歯科医院を作っていきますので、
何卒よろしくお願いします。


 

2016年3月 2日

臨床歯周病学会に参加してきました!

12782342_775727329226679_865899215_n.jpg  12787522_775720049227407_1474834400_o.jpg


こんにちは。副院長の輪田です。
本日は院長、衛生士さん二人と一緒に、日本臨床歯周病学会に参加してきましたので報告させていただきます。

学会では、歯周病で活躍されている先生を全国からお呼びして講演をしています。
今回は歯の周りの組織が再生をしていくために必要な因子についてでしたが、 最新の医療では再生を助ける材料が様々でてきていますが、歯茎が自然治癒するための仕組みを正しく理解した上で使用することが基本であることを再確認でき、とてもためになりました。

新しい治療法が必ずしも正しいとは限らないため、患者様の歯、歯茎にあった治療、材料を選択し、正しく歯周病を治せるように今後も学び続けていきます。


 

2016年1月24日

今日はスタッフ全員で勉強の日でした!

20160124_151211_786a.jpg  20160124_151551_708.jpg

院長チームは、高山先生主幹の東海インプラント研究会に参加してきました。
インプラントの話、歯周病の話、今最先端の技工の話と、内容盛りだくさんで、
本当に勉強になった一日でした。
技工士さんの話では、歯科治療もあと十数年すると型取りがスキャンに変わって、
データーのやり取りで被せ物が
作られるようになり、金属が徐々になくなっていくようです。
歯科医療も、時代の流れが年々早くなってきていて、
うかうかしているとあっという間に置いていかれそうです。
今日の勉強会では、日々勉強していくことの重要性を、改めて痛感しました。
ですので、今年もどんどん勉強会や学会に参加していきたいと思います!




FB_IMG_1453625121866.jpg  FB_IMG_1453625128854.jpg

副院長の輪田先生のチームは、当医院の管理栄養士チームと一緒に、
愛知学院で歯科における栄養指導の勉強会に参加してきました。
サプリメントの話や、栄養指導の話、食育の話などを聞いてきたようです。
当医院も今後は歯科治療だけでなく、栄養摂取を含めた予防歯科に
取り組んでいきたいと思っていますので、ブログやニュースレターで
徐々にですが、栄養学のことを取り上げていきますので、
その際はまたよろしくお願いします!!

 

2015年12月18日

東京のセミナー

こんにちは。副院長の輪田です。

先週、東京で行われたJIADS総会に院長と参加してきました。

総会はヨーロッパの先生をお呼びしてのセミナーでした。

ヨーロッパは歯科医療の歴史が長く、最先端の治療や、日本ではなかなか無いような臨床などがあり、

学ばなければならないことがたくさんありました。

日本人にあった治療を考えると、全てを同じにすることはできませんが、レベルが高く、

今後の歯周病治療に活かせるセミナーになりました。

朝早く起きて東京まで行ってきた甲斐がありました。今後も新しい知識を得るために、

早起きして移動距離に負けずに勉強していきたいと思います。

 

jiads2 (1).jpg jiads2 (2).jpg

 

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages
ページトップへ