院長・勤務医ブログ

2012年12月30日

12月の出来事

44713_389926827754335_1329493343_n.jpg 

今年は、東海インプラント研究会に入会したので、その忘年会に
参加してきました。この勉強会は大阪インプラント100時間コース
(ジャシッド)の講師をつとめられている高山先生が代表になって
活動している勉強会だけあって、メンバーもレベルの高い治療を

 されている先生が多く、とても刺激になります。来年からも、この
勉強会で精一杯勉強し、少しでも患者さんによい治療ができる
ようにしていきたいと思います。




2012-12-16 13.05.41.jpg  2012-12-16 13.07.16.jpg  2012-12-15 22.34.01.jpg

 今年の目標の一つに、かみ合わせの治療を重点的に勉強するという
目標があったので、12月はその追い込みのため、2週続けて土曜日、
日曜日の2日間、計4日間、朝から晩までかみ合わせの勉強をして
きました。夜は夜で、全国から集まった勉強好きの仲間たちと、思う存分
かみ合わせについて熱く語り合ってきました。かみ合わせの分野は
ミクロン単位の精度のある治療を求められるので、来年も引き続き
重点分野として勉強していきたいと思います。



2012-12-18 10.00.35.jpg   

上記の写真は新しく当医院に導入された、患者さんのお口の中を
記録するための口腔内カメラです。このカメラで4台目になります。
このカメラで撮影した写真を家に持って帰って、日夜治療に問題が
ないかを検証したり、
治療計画をたてたりしています。撮影させて
もらっている患者さんにはご迷惑をかけていますが、精度の高い
治療をするために、決して無駄のないように十分に役立ています
ので、ご理解、ご協力の程お願いします。


今年も、当医院に通院していただいた患者様には、多大なるご支援を
いただき、誠にありがとうございました。来年も松年歯科スタッフ一同
さらに努力をして、より良い診療所を作っていきますので、何卒よろしく
お願いします。また、来年は4日金曜日より診療しています。



 

 

 

2012年9月30日

9月の出来事

2012-09-15 17.44.18.jpg2012-09-15 17.54.25.jpg2012-09-16 11.50.49.jpg

 












今月は、土曜、日曜、月曜の三日間を使って、形成(歯を削る)と仮歯の勉強会に参加してきました。
勉強会は、朝から夜の8時くらいまで、お昼休みの休憩さえあまりとれないくらいの忙しさで続き、
模型を削っては仮歯をつくり、講師の先生に見せに行き『何を考えて、何に注意して削ったのか』の
質問攻めにあい、それに答えて晴れて合格すると、次の歯にいけるという具合でした。
もう何度も勉強してきた分野ですが、改めて勉強し直すと、色々なことが発見でき、とても有意義な
時間をごすことができました。
やはり学ぶこと、学び続けることは、とても大切ですね。


P1000595.JPGbariosa-zi.jpg












その他には、クリス岡崎さんの公演会に参加してきたり(左の写真)、
バリオサージという、インプラントオペや、抜歯のオペのときに使う、機械を導入しました(右の写真)。
2つの写真が並ぶと、なんだかよくわからない構成になってしまいますが、とにかく一生懸命、
少しでも松年歯科が良くなるように、スタッフ全員で頑張りますので、また10月もよろしくお願いします!


 

2011年10月10日

『型どり』の講習会



10月9、10日の連休は、大阪で講習会に参加してきました。

今回の勉強会は、10月から3カ月間、月に1回土日で開催されるのですが、

第1回目の2日間は『型どり』でした。

『型どり』って、歯医者で歯を削った後にやるあの型どり? と皆さん思われると思いますが、

歯科医院に通ったことがある方であれば誰もが一度はやったことのある、あの型どりです。

しかし、これが正しく出来ていないと、かぶせ物や入れ歯など、型どりで作られる

全てのものが合いません。

1本、2本の治療であればいいのでしょうが、治す歯が多くなれば多くなるほど、

少しのミスが積み重なり、やがて取り返しのつかないくらいの大きなミスとなり、

治らないか、再治療になります。

ですので、歯医者になって13年目で、初歩の初歩でありながら、最も大事な『型どり』を

もう一度、学び直すことになりました。


初日の実習は、お昼の13:00から始まり、型の合わせ方から、型をとる材料の練り方、

型を取る時の自分の癖の矯正、石膏のつぎ方を教えてもらい、

それを相互実習で上と下の顎の型をとって石膏を流すだけのことでしたが、

初日は夜中の1:00まで皆で実習をしていましたが、なかなかオッケーがでず、

結局、2日目の17:00までやっていました。

2日間で合計20時間をかけて『型どり』を学びました。

細かい所まで、指導に指導を受けて、ひたすら型を合わせて、型取りの材料を練って、

型ををとって、石膏をついでいましたが、

ほんの少しの水の量の誤差や、わずかな力の掛け方などの気の緩みが、

出来あがった模型の精度に大きく影響をあたえることを改めて再認識しました。


歯科医療は、とても繊細でミクロン単位の治療をする医療です。

そのため術者の『心構え』と『技術力』が大きく影響してきます。

ですので、日々、気を抜かずに修練することがいかに大切かを思い知らされました。


 

2010年3月22日

山田先生のエンドセミナーの修了式


 

 今週の連休の2日間で、半年間続いた山田先生のエンドセミナーが終了しました。

 最初は先生が言っている言葉の意味を理解するだけで必死でしたが、
 毎回セミナーが終わるとその日とったノートと睨めっこをした甲斐があり、
 徐々にですが言葉が理解出来るようになり、今では根の治療の幅が大きく飛躍し、
 患者さんにより快適な治療を提供できるようになりました。

 そして、この半年間どんどん増えていく器具を覚え、管理してくれたスタッフには
 感謝の言葉しかありません。

 また、今年も色々なセミナーに参加しますが、スタッフと一丸となって乗り越えて
 さらに成長していきたいと思います。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages
ページトップへ