豆知識

2014年4月 2日

歯医者は昔と今とじゃちょっとだけ違う?

現在では歯科医院の方針は昔とは少し変わってきていて、どちらかというと予防や、
虫歯などに犯されていない健康な歯を守るような方向の治療に力を入れるようになってきています。
定期的な検診は昔から推奨されてきましたが、近年ではさらにそれらに力を入れており、
いつまでも自分自身の歯を残しておくために虫歯や歯周病といった疾患の治療も、
できる限りもとの歯を残すようにして安易に削ったり抜歯しないようになっているんです。

他にも、現在では患者さんの不快感やおっくうに感じていた処置にも対策が採られて、
特に麻酔に至っては昔と比べて本当に痛みが軽減されてきています。
痛みを抑えるための注射がかえって痛いということもあって、
大人でも憂鬱(ゆううつ)に感じてしまっていた人は多いはずです。
現在では痛みを抑えた麻酔をすることもできるようになっており、
歯科医院によっては笑気麻酔を行うこともできるため、
子どもでも安心して治療を受けられるような体勢ができてきています。
歯をなるべく大切にしていくためには歯医者での治療や健診は必要なことですし、
歯医者に嫌悪感を抱かせないためにもこういった"対策"は今後も続けて行かなくてはいけないことでしょう。

歯は普通にしていてもどんどん摩耗していくもので、
虫歯や歯周病にかかればその速度はどんどん加速して行ってしまいます。
永久歯は失くしてしまえばもう二度と生えてこないものですので、大切にしていかなくてはいけません。
いくつになっても食事を楽しむためにも、今からでも健診を定期的に行って予防を心がけていきたいですね。

ページトップへ