豆知識

2015年3月 2日

子どもの歯を守るフッ素とキシリトール

お子様がいる方ならば、赤ちゃんの生えたての歯を見たことがあると思います。
透き通ったように白くきれいですね。
そんなお子様の歯もケアを怠ってしまうと虫歯になってしまう可能性があります。

そこで、虫歯の予防には第一に歯磨きですが、今回はたびたび耳にするフッ素やキシリトールに注目して見ましょう。

<フッ素の効果>

フッ素にはまだ穴の開いていない初期虫歯において、歯の再石灰化を促進し柔らかい乳歯の表面を強くしてくれます。
歯科医院では定期的なフッ素塗布を行っていますので、興味のある方はぜひご相談ください。
その他、フッ化物洗口やフッ化物が入った歯磨き粉を使用する方法があります。
効果的に使用するには濃度などのポイントがありますので、お気軽にスタッフにお尋ねくださいね。


<キシリトールの効果>

キシリトールは甘いのに虫歯の原因にならず虫歯を防いでくれるという、甘いものが大好きなお子様にはもってこいの甘味料です。
虫歯の原因となる酸を作らず、歯垢をつきにくくし、虫歯菌の働きを弱めてくれます。ガムの形で販売されていることが多く、 おおむね3カ月ほど継続することで効果が期待できます。
効果的な摂取の仕方はスタッフにお尋ねくださいね。


フッ素やキシリトールは子供だけでなくもちろん大人にも有効です。
小さい子の虫歯は大人から菌が移ってできるともいわれています。
ぜひ、フッ素やキシリトールを活用して親子で虫歯予防をしてみてくださいね。

ページトップへ