豆知識

2015年12月 3日

お子さまの歯のケアは親が手本に

小さいお子さまの成長の早さには驚かされることがあります。
ついこの間まで歯ブラシを口に入れているだけだったお子さまが、歯の裏や奥歯を意識して歯ブラシを動かすようになっていることもありました。

そんな小さなお子さまの学習の元となっているのは、親御さんをはじめとする身近な大人です。

したがって、大人がしっかり歯を磨くところを見せてあげると、お子さまも見よう見まねで歯磨きをしてみるのだと思います。

これは、歯科医院の利用の仕方にも言えること。
親御さんがむし歯でなくても歯科医院に通い、歯のケアをしているところを小さいころから見てきたお子さまは、歯のケアのために歯科医院に行くことを当然のこととして受け入れるでしょう。
加えて、小さいお子さまにとって、親御さんと同じ歯科医院に通うことはうれしいことでもあるようです。

歯科医院に行ったら、お子さまにおうちで歯科医院での出来事を話してあげてください。
きっと興味深く聞いてくれることでしょう。
お子さまが歯科医院を身近に感じながら成長することで、将来、「こんなになるまでなぜ放置してしまったのだろう」と思うようなむし歯や歯周病の症例が少なくなれば幸いです。

当院では、平日の午前中に託児サービスを行っています。
小さいお子さまをお連れの方は、ぜひ、ご利用ください。

ページトップへ