豆知識

2016年1月 8日

歯ぎしりは放置していいの?

他の人から歯ぎしりを指摘されたり、他の人の歯ぎしりの音を聞いたりしたことはありませんか?

いびき同様、歯ぎしりの音も一緒に寝ている人にとって気になるものです。

残念ながら寝ている間の歯ぎしりは無意識の行為なので、やめようとしてもやめられるものではありません。
しかし、このまま歯ぎしりをただの癖として放置しても良いのでしょうか。

歯ぎしりは歯と歯をこすり合わせたり、時にはカチカチと歯を打ち鳴らしたりして音を出しています。
一見、ただ歯を合わせて音を出しているように見えるかもしれませんが、そこには強い力がかかっている可能性があります。
強い力がかかった歯ぎしりを続けると、歯が割れてしまうこともあります。

歯に強い力を掛けるということは、あごやその周辺にも負担がかかります。
寝て起きた時、なぜか疲れている、肩こりがひどくなっているということが思い当たる場合は要注意です。
詰め物が取れやすい人も、もしかしたら歯ぎしりが原因かもしれません。
歯ぎしりにより、歯周病や顎関節炎が悪化する可能性を指摘している人もいます。

歯ぎしりを根本的に治す明確な方法は確立されていませんが、歯科医院ではマウスピースを作ることで歯ぎしりによる負担を減らすことができます。

も歯ぎしりに心当たりがある方は、一度、歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ