豆知識

2016年5月31日

歯科治療に使われる金属

歯科治療で使われるインレーやクラウン。
このインレーやクラウンには、金属が使われているものが少なくありません。
多くの方がご存知の、いわゆる金歯、銀歯と呼ばれるものは、金属を使用しているインレーやクラウンの代表格といえるでしょう。

レジンやセラミックといった非金属もあるのに、なぜ、金属のインレーやクラウンは使われているのでしょうか。

見た目が気になる、金属アレルギーが心配などの声をきくこともありますが、金属は加工性、耐久性、コストの点で優秀な素材です。
私たちの歯は非常に複雑で繊細な形をしていますので、歯科治療で用いる素材はその複雑で繊細な形を再現できるような加工性の高さが求められます。

さらに、私たちが食事をとる時、かむたびに大きな力がかかっています。
そこで、1日3回の食事を何年にもわたって楽しめるような耐久性も重要です。
硬い素材であることは大切ですが、かみ合う歯をキズつけてはなりませんので、適度なやわらかさも求められています。

現在、歯科治療で使われている金属は、複数の金属を合わせた合金が使われています。

ページトップへ