豆知識

2016年10月 4日

身体に優しく見た目も綺麗な審美歯科

笑った時に銀歯が見えるのを気にする人は決して少なくはありませんよね。
たとえそれが奥歯だったとしても、口を大きく開けることに抵抗を感じるから銀歯は嫌いだと言う人はきっと多いことでしょう。
このように、銀歯は見た目のデメリットの方が目立つため、その他のリスクに関してはスルーされてしまうことが多いようですが、実際は健康面へのデメリットの方がより深刻だと言われています。
ではなぜ、虫歯治療で使われる銀歯が人間の健康を害すると言われているのでしょうか。
それは、銀歯の材料として使われる「金属」が、金属アレルギーの原因になったり、汚れをよせつけたり、人体に有害な物質が含まれている。
こういった背景もあり、最近では銀歯からセラミックに変えるために審美歯科に通う人も軒並み増えてきているようです。
セラミックのメリットとしては、銀歯のような心配がないだけでなく、汚れが付きにくい素材のため虫歯や歯周病になりにくく、口臭を未然に予防してくれる働きも期待できます。
また、金属イオンによる歯の黒ずみもないため、いつまでも清潔感のある白い歯でいることができるのも、大きなメリットと言えるでしょう。
最先端の審美歯科では、費用や治療期間を抑えるだけでなく、歯を削る量をなるたけ少なくして、色も自然な仕上がりになる「ダイレクトボンディング」と言った治療法も大変人気となっているようです。

ページトップへ