管理栄養士ブログ

2016年12月25日

スポーツドリンクと砂糖

みなさんこんにちは、管理栄養士の宮部ですhappy01
今日は「スポーツドリンク」について お話ししたいと思いますtennis

普段スポーツをする時や熱中症対策など、様々な場面で飲まれているスポーツドリンク。
なんだか体によさそうなイメージがありますが 意外な落とし穴があったのです!!
一般的なスポーツドリンク(500ml)に約20~30g 
これがなんの数字だかわかりますか?
実はこれスポーツドリンクに含まれる砂糖の量なんです!
角砂糖に換算すると、なんと約8個分に相当しますcoldsweats02
予想外にたくさん入っていてびっくりですよねsign01
ではそんなスポーツドリンクを1本飲み干すことに
どんなリスクが潜んでいるのかご紹介していきます。

2014年にWHO(世界保健機構)より 肥満や生活習慣病を予防するため、
脂肪・炭水化物・糖質などの1日の摂取量を示す ガイドラインが制定されています。
そので、遊離糖類(私たちが摂取する機会の多い糖類)の
推奨摂取量は「1日5%未満」とされています。
これは20~40代の男性で約28g、 20~40代の女性で約20gに該当します。
(⚠年代・性別・普段の活動量で変化します)
・・・ということはスポーツドリンクを
1本飲むと1日の摂取量をそれだけでオーバーしてしまうのですwobbly
私たちはこのほかにも調理に直接使用する砂糖や
食材や調味料からも知らず知らずのうちに糖質の摂取をしています。
このことから、飲み物からも糖質を
過剰に摂取することの リスクがわかるかと思います。 
普段の心がけ1つで体の調子は大きくかわってくるので、
毎日を健康に過ごしていくためにも気をつけていきましょうね♩ 
最後まで読んでいただき、ありがとうございましたtulip


 
ページトップへ