全体的なインプラント治療例 1

 

 

 

初診の状態です。歯周病が進行し最大7ミリの歯周ポケットと、
歯のグラつき、歯茎の出血が見られます。

 

 

 

歯周治療後6ヶ月の状態です。
衛生士さんによる処置で歯周病がかなり治りました。



IMG_5796.JPG

歯周病が落ち着いてきたので、まずは左下にインプラントを使って歯を入れました。



hhhh.jpg

次ぎに、右上にインプラントを入れました。

DSC_0002.JPG

全体の歯がそろいました。
患者さんも『食事がおいしい!』と喜ばれていますので、
今後は、最終的な歯を入れた後、
定期健診でこの状態を末長く維持していきます。

 

 

 

 

全体的なインプラント治療例 2

 

 

 

初診の状態です。歯周病がかなり進行しています。
歯のグラつき、最大12ミリの歯周ポケット、
歯茎の出血が見られます。

 

 

 

歯周治療後6ヶ月の状態です。
衛生士さんによる処置で歯周病がかなり良くなりましたが、
どうしても治らなかった2か所は、歯周外科処置で対処しました。

 

 

患者さんと一緒に頑張った結果、歯茎がかなり落ち着いてきたので、
部分矯正で前歯の隙間を閉じました。

 

 

歯のなかった所にインプラントを埋入しました。


IMG_5511.JPG

 

まだ仮の歯の状態ですが、全体の歯がそろいました。
患者さんも『咬めるようになった!』と喜ばれています。

 

 
DSC_0179.JPG

最終的な歯が入りました。
今後は、この状態を維持できるように定期的な管理をしていきます。

 

全体的なインプラント治療例 3

 

 

 

 

初診の状態です。検査表からは歯周病が進行し最大9ミリの歯周ポケットと、
歯のグラつき、歯茎の出血が見られます。エックス線写真からは割れた歯や、
下の歯がなく上の歯が出てきているのが確認できます。

 


 

 

 

歯周治療後半年の状態です。
衛生士さんによる処置で歯周病がかなり治り、
左下と右下に2本づつインプラントを入れました。



 

 

 

まだ仮の歯の状態ですが、左下の1本のインプラントの仮歯を除いて
全体の歯がそろいました。
患者さんは『期間はかかったけれど、がんばってよかった。』と
しみじみと喜ばれていました。
今後は、最終的な歯を入れていきます。

 

すべての歯がそろいました。
今後は、インプラントが末長く維持できるように定期健診をしていきます。