よく見える口元の治療のお悩みについて

よく見える口元の治療の悩み

「前歯が欠けてしまった」
「前歯の間にすき間がある」
「治療した詰め物がまた虫歯になっている」
「以前治療した詰め物が変色している」


など、口元に悩みをお持ちの方は意外と多いです。
ところが、一般的な前歯の虫歯治療の詰め物といえば、
保険診療内で使われる白い詰め物が一般的で、
この治療だと数年で変色してきたり、
再び虫歯になってくることが非常に多いです。
多くの方が、何とかもう少し質の良い治療ができなものかと
思いながらも納得のいく治療が見当たらないまま
妥協されているのが現状です。
本当にこれらの治療法しかないのでしょうか?

 

前歯に白い詰め物を使った自費治療、ダイレクトボンディングシステムをご存じですか?

歯科治療に使われる材料は、日々進化を続けており、最近では「コンポジットレジン」という
高性能の合成樹脂(プラスチック)を用い、直接お口の中で歯の形を作って
修復していく「ダイレクトボンディング」という治療方法が確立されています。

これは自費治療になりますが、コンポジットレジンのクオリティや、
接着強度が向上したこともあって、従来のような変色や繰り返し虫歯になることがなくなり、
天然の歯に近い自然な仕上がりになるので、歯科医師としても
自信を持っておすすめできる治療です。

ただ直接、患者さまのお口のなかで、コンポジットレジンを使って修復していきますので、
治療適応範囲に限界があり、大きな虫歯には不向きです。

私たち松年歯科クリニックでは、皆さまにもっとご自身の笑顔に自信を持っていただくために、
この「前歯にコンポジットレジンを使った自費治療:ダイレクトボンディングシステム」を、
当院の審美歯科治療の柱のひとつとして力を入れています。

 

コンポジットレジンとは?

ダイレクトボンディングに使われる「コンポジットレジン(白い詰め物)」は、
歯科専用の白い合成樹脂で、それ自体は保険治療でも
長く利用されてきた安全で歴史のあるものです。
粘度性の材料に特殊な光をあてることで硬化させて使用します。
従来のものは劣化するのが2~3年と早く、変色や経年変化によってすき間から虫歯菌が侵入し、
再び虫歯になってしまうなどの問題点も多く、保険治療の安価な材料という認識でした。

それが近年の各歯科材料メーカーの研究により
クオリティがアップし、より粒子の細かなものが開発され、
強度にも問題なく、審美的な面でもより自然な仕上がりができるようになりました。
美しい仕上がりは、詰め物をしていることが分からないほどです。
最近、口を開けて笑った時に見える範囲で、再治療される方が増えてきました。
ただ直接、お口の中で形を作っていくので、強度の面からも大きな銀歯や、
全部をかぶせるクラウンなどの代わりにはできません。

コンポジットレジンが安価な保険治療用と思われていた時代は終わり、
今は自費治療で安心して使える材料として注目されています。