歯がぐらぐらで咬めなくて困っていた患者さんを金属の入れ歯で治療した症例
photo02_01[1].jpg
arrow01_tya.gifphoto02_02[1].jpgarrow01_tya.gifphoto02_03[1].jpg
arrow01_tya.gifphoto02_04[1].jpg

上下の歯を9本失ってしまい、咬めなくて困っていた患者さんを金属の入れ歯で治した症例

 IMG_5156.JPG

IMG_5157.JPG

arrow01_tya.gif

 

 arrow01_tya.gifIMG_5552.JPG

 IMG_5554.JPG

上の奥歯4本を金属の入れ歯で治した症例

 

 

 

残っている歯がグラグラのため、少し大きめの入れ歯で強固に固定しました。
このようにすることによって長期間安定した『よく咬める入れ歯』ができます。
また、金属床のため『上あご』の部分が薄く、熱を伝えやすいので、患者さんは
想像していたよりも喋りやすく、違和感がなく、御飯の時も温かい物が
そのままの温度で感じられるので、おいしく食べられると大満足でした。