この矯正方法は、従来の矯正治療とは異なり、ワイヤー(針金)を使わ
ないで行う全く新しい矯正治療です。ワイヤー(針金)を使わないため、
目立ちにくく、取り外しもできるといった非常に優れた特徴をもっています。

透明で目立ちません

透明で目立ちません
 
この矯正方法では透明な装置を使うので、人に気づかれにくいという
メリットがあります。装置が見えるのに抵抗があるという人におすすめです。

装置が取り外せます

装置が取り外せます
 
従来の矯正装置のように針金を使用しないため、食事や歯みがきのときは
取り外せます。これまでの矯正装置は取り外しができないため、食後の
歯みがきは時間がかかり大変でした。この矯正方法は取り外しができるので、
歯みがきは今までと同じです。

違和感が少ない
 従来の矯正治療では、歯を動かすワイヤー(針金)とワイヤーをとめる
 装置を使用するために、どうしても違和感を感じてしまいました。
 この矯正方法は、ワイヤーやワイヤーをとめる装置を使用しませんので、
 装着時の違和感が従来の矯正装置よりもかなり少なく、より快適に
 治療を行えます。

この矯正方法の注意点
 
・この矯正方法はどんな不正咬合にも対応できるものではなく、
  奥歯の咬み合わせを変えない、前歯の簡単な矯正に適しています。
 ・1日の装着時間は20時間以上が目標です。
 ・治療期間は『動かす期間1年』、『固定する期間1年』の2年間です。


 

 

マウスピース矯正治療の紹介
 
マウスピース矯正の治療例 マウスピース矯正の治療例