当院では朝日レントゲンの歯科用CT『AZ3000CT』を導入しています。

診断の際、患者様からの訴え・外からの見た目・レントゲン画像を
総合して判断していきますが、2次元のレントゲン画像だけでなく、
3次元のCTの画像が加わることにより、
今までは判断するのが難しかった患者様の歯や骨の状態を
3次元で表示させることができ、
これまで以上の精度で適切な診断・治療方針の決定が可能になります。

CTを取り入れたインプラント治療

これまでのレントゲン写真では、2次元的の平面画像での診断しかできませんでした。
しかしCTでは、3次元の立体画像での診断が可能となります。

これによって、歯や顎の原因不明の長引く痛みが解消できるようになり、
これまでのレントゲンでは解らなかった顎や歯の内部の神経・血管の位置等を
正確に把握できるようになります。

そのため、インプラント治療も更に安全に確実にできるようになりました。

CTを取り入れた歯周病治療

歯周病は、細菌感染による骨の破壊が起きる病気です。
これまでのレントゲン撮影では、歯を支える骨の破壊の程度などが解らない事がありました。

しかし、CTで撮影することにより、歯や骨の状態をよりリアルに見て判断することができ、
今まで以上に精度の高い治療を行うことが可能となりました。
また、骨の状態からおおよその歯の寿命を積算し、予知性の高い治療が行えます。

歯科用CTの放射線被ばく量

歯科用CTは口腔内を高い精度で診断するための撮影装置ですが、
患者様はそのために放射線を被曝しなくてはいけません。

しかし、最新の歯科CTの被曝量は医科用の10分の1程といわれ
患者様の負担を最小限に撮影することができます。