麻酔をさせていただく皆様へ

歯の治療をしていくためには、小さな虫歯でない限り、神経の存在する歯での麻酔は必要不可欠なものです。非常に不快なものではありますが、当院では以下の点に留意して、なるべく痛みを生じさせない麻酔をさせていただきます。


表面麻酔の薬を塗布する。  
  塗ることによって、『チクッ』とするのを防ぎます。
                    ①表面麻酔剤a.jpg
細い針を用いる。
  注射用の針で一番細いものを用いることにより、かなり痛みが軽減されます。
昔より、格段にラクになりました。
 
ゆっくり時間をかけて麻酔する。  
  急げば急ぐほど、痛みが増します。ゆっくり時間をかけて麻酔します。
                    ③アネジェクトa.png
一定のスピードを保つ。
  どんなに慎重にやってはいても、何も感じないという訳にはいきませんが、細心の注意を払って行います。
 

※電動麻酔器での麻酔をご希望の方は、初診の問診時にお申し出ください。