松年歯科クリニック

所在地

愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18

アクセス
MAP

インプラント治療

失った歯を補う方法

自分の歯がよみがえるインプラント

「去年、定年になって、これから旅行に行くのが楽しみなのに歯が抜けてしまって、このままだと入れ歯になってしまう。これから美味しい物をたくさん食べたいし、人生を満喫したいから入れ歯にはしたくない。」

「これまでは、自分のことは後回しだったけど、子供も自立したし、これまで放ったらかしにしていた自分の口をそろそろ大切にしようと思っている。」

自分の歯がよみがえるインプラント

「入れ歯だと、味もわからないし、バネをかけている歯がグラグラしてくるし、もっと良い方法ないのかな?」

「まだ35歳なのに、奥歯が2本もなくて、入れ歯しかないと言われたけど、この年で入れ歯にするのは嫌だ!」

歯というのは失ってみて、初めてその大切さが分かるようで、このようにおっしゃる方は相当数、いらっしゃいます。

そもそも、歯を失ってしまったときにそれを補う方法は3つしかありません。


1:ブリッジ

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます。
橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になるので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。
また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができます。

しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。
まず、ブリッジの場合、支える歯の周囲を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。
また、お手入れが悪いと削った境目から虫歯になって、その歯も又悪くなってしまうことになります。
次に、両隣の歯で支えますので、一番、奥の歯がないと支える歯がないので、ブリッジをかけることができません。

さらに、ブリッジも両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってきます。
1本無くなってしまった歯を両隣の歯で支えるとすると、これまでは3本でやっていたことを2本でやることになります。
会社で言えば、「これまで3人でやっていた仕事を1人辞めたから、2人でやってくれ」ということになります。
最初のうちは頑張れるのですが、そのうち、無理がでてきますよね。それと同じように支えている歯には負担がかかります。

両隣の歯が健康な場合は、全く問題ないのですが、支える骨がなくグラついている歯の場合は、要注意です。


2:保険で作る入れ歯
【自費で作る入れ歯とは全く別】

保険で作る入れ歯

これは保険が適用されるので、非常に安く、手軽に作ることができます。
入れ歯の良い点は安く、手軽に、短期間に作ることができるということです。
しかし、入れ歯には様々なデメリットがあります。

まず、入れ歯は人工の異物ですので、補う歯の本数が大きくなるほど、口の中に違和感が出てきます。
総入れ歯になると、女性の握り拳位あるものを口の中に入れるのですから、慣れるまでは違和感があります。
特に、入れ歯を支えるための床のような部分のある入れ歯になると、食べ物の味や熱さを感じにくくなってしまいます。

また、部分入れ歯の場合、入れ歯を入れる両サイドの歯にバネのようなものをかけます。
これをかけることにより、入れ歯を固定します。ですので、支えにされた方の歯は、咬む度に、上下左右に揺さぶられ、力を加えられ続けます。

刺さった釘でも、長い時間をかけて上下左右に揺さぶられると、抜けてしまうのと同じように、バネをかけられてしまった歯はダメになってしまうことがあります。

バネをかけていた歯が抜けてしまうと、その分、部分入れ歯を大きくして、次の歯にバネをかけ、またバネをかけていた歯が抜けて、ということを繰り返し、総入れ歯に着実に近づいてしまうことになるのです。

総入れ歯になると、たとえ咬むことができたとしても、自分の歯よりも咬む力が弱くなります。
そうすると、固いものなどを食べることが難しくなってきます。

保険で作る入れ歯

「大好きだった、たくあんが食べたい」
「おせんべいをバリバリ食べたい」
「大好物のステーキが噛み切れないから食べれない!」

という、歯があるときには当たり前だったことが入れ歯になってしまうと、できなくなり美味しい物を自分の歯で好きなだけ、美味しく食べることがいかに素晴らしいことかを理解することになるのです。

現在、日本では8020運動といって、80歳のときに20本、歯を残そうという運動を厚生労働省が中心となって行っておりますが、現実は80歳になった時に平均、6.8本しか残っていません。

それは、歯が抜けてしまった後に入れ歯を入れて、バネを支えている歯が抜けていくことを繰り返していたからです。

このように入れ歯というのは確かに、安くて、手軽に、気軽に、短期間で作成することが可能です。しかし、安く出来るということの代償として、心身に負担やストレスをかけているのです。


3:インプラント

インプラント

インプラントのメリットはブリッジと入れ歯の欠点がないことです。
インプラントというのは、人工のチタンでできたネジのようなものを歯の根っこの代わりとして顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するというものです。
天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。
したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなるなどの問題が発生しません。
そして、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。


最近は、インプラントの認知度も上がってきているようです。
しかし、インプラントについては間違ったイメージもあるようです。

「手術が恐い」
というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。
確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かります。
しかし、手術は2~3時間くらいで終わります。
また、笑気麻酔や静脈内鎮静法の併用により、不安感や、お痛みを大幅に減らすことができます。

自分の悩みを抱えたまま生きて行くのと、少しの間、手術の恐怖と戦うのとどちらが良いでしょうか?
その手術の恐怖に勝った時に手に入る世界はどのような世界でしょうか?

「インプラントは高い」
インプラントについてこのように考える方もいらっしゃいます。 確かに、保険で作ることが出来る入れ歯に比べれば高いです。 インプラントは1本30万円ぐらいします。

しかし、先ほども申し上げたように、保険で作る入れ歯は当面の機能は回復しても、長期的なお口の健康にダメージを与えているのです。

また、「歯はたくさんあるから、1本位なくても良いでしょ」と思う方もいるようですが、これは大きな間違いです。
指にも1本1本、役割があるように、歯にも1本1本、役割があるのです。
例えば、下顎の前から6番目の歯が抜けてしまって、そのまま放っておくと、どのようなことが起こるでしょうか?

次のようなことが起こる可能性が高いのです。

【1】咬み合わせる下の歯がないので、上の歯が出てきてしまう。
上の歯は下の歯がなくても、咬む機能を維持しようとして、咬む相手を探して伸びてきてしまうのです。
そうなると、後で下の歯を入れるときには咬み合わせがズレているので、上の歯を削らないといけなくなってしまいます。

【2】一番奥の7番目の歯が抜けた歯のスペースに倒れこんでくる。
歯が斜めに倒れこんでしまうと、これを治すには矯正治療が必要になってしまいます。

【3】咬みづらいので反対側でばかり咬んでいると、その反対側の歯が悪くなる。
両側の歯でバランス良く咬むことは、歯をもたせる上で大変に重要なことです。
食べられれば、しゃべることができれば何でも良いというのとは違うのです。
このように、歯は見えないし、動かないから1本1本の役割が軽視されがちですが、非常に重要な役割を担っているのです。

失ってしまった歯を取り戻すということは、非常に重要なことなのではないでしょうか?

失ってしまった歯を取り戻す

友達と家族と美味しい食事を食べに行ったときに、においを楽しんで、咬みきって味わうことが出来る。
友達と旅行に行ったときにも何にも気にせずに旅行を楽しむことが出来る。
口元に入れ歯のバネなんかありませんから自信を持って笑うことが出来る。
このようなことは人生を豊かに生きていくための基本的な部分ではないでしょうか。

このような価値観で考えてみると、既に失ってしまった歯を回復させるために時間と労力とお金を使うことは、これからのご自分の人生を楽しむため、また、人生の豊かさを満喫するために、重要なことではないでしょうか。

インプラントの治療例の写真紹介

費用について

インプラントQ&A

安心なインプラント治療への取り組み

インプラント手術の精度を限りなく高めるシステムのご紹介

インプラント手術の精度を限りなく高めるシステムのご紹介

歯科用X線CT装置による精密診断・精密治療を行っています。
今までの診断方法では、問診・視診・触診・平面で診るレントゲン画像などの情報を総合的に考えながら判断する方法をとっていましたが、今後3次元のCT画像診断が加わることにより、平面の2次元の画像では判断することが難しかった患者さんの歯や骨の状態が、3次元の断層画像診断により、診えなかったところが診えるようになり、これまで以上の精度で適切な診断・治療方針の決定が可能になりました。

CTを取り入れたインプラント治療

CTを取り入れたインプラント治療 CTでは3次元の立体画像での診断が可能となります。
これにより、顎の骨の立体的な構造を分析することができるようになったため、これまでのレントゲンでは解らなかった顎や歯の内部の神経や血管などの位置を正確に把握できるようになり、最適なインプラントの埋入を設計することが可能になりました。
このため、インプラント治療を更に安全に確実に施術できるようになりました。

歯科用CTの放射線被ばく量

最新の歯科CTの被曝量は、医科用のものよりも遥かに少ない、10分の1程ですので、負担を最小限に撮影することができます。

歯科用CTの放射線被ばく量


インプラント手術支援画像システム「iCATナビゲーションシステム」導入

インプラント手術支援画像システム「iCATナビゲーションシステム」導入

当医院では安心・安全なインプラント手術を行なうために「iCATナビゲーションシステム」を導入しています。
右の画像は「iCATナビゲーションシステム」でインプラントを埋入した時のシュミレーションを画面上で行なっているところです。
このシステムでは、3次元的に構造を把握することによって、2次元ではわからなかった部分が容易に解るようになるので、インプラント手術の精度を限りなく高めることが可能になりました。


ストレスが減り、リラックスできる笑気麻酔

笑気麻酔とは?

  • 専用装置で鼻マスクを用いて鼻から吸引します。
  • 臭いはほのかに甘く、違和感無く吸入できます。
  • 数分で笑気の効果がでてきます。
    そして、排泄も非常に速いので、終了後は数分で帰宅することができます。

笑気麻酔をした時の状態は?

    笑気麻酔をした時の状態は?
  • 患者さんの意識はありますが、不快感などの精神的ストレスから解放され、穏やかでリラックスした状態になります。
  • 実際に経験する状況としては、おおむね酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感がある状態になるようです。
  • しかし、嘔吐反射や痛みは和らぎますが、なくなることはありません。
    また、鼻にマスクをつけるため治療ができない場合もあります。

どんな患者さんに向いているのか?

  • 歯科治療に不安感、不快感を持っている人
  • いわゆる神経質な人
  • 歯医者さんを嫌がるお子様
  • 高齢者

笑気の安全性について

笑気ガスは体内で分解されずにそのまま排出されるので、体に負担をかける事がない為、ほとんどの方に安全に使用する事が出来ますが、一般的に妊娠初期の方には使用しません。


寝ている間に治療が終わる「静脈内鎮静法」のご案内

静脈内鎮静法って?

インプラント治療の際、笑気麻酔と併用して患者さんの痛み、恐怖などのストレスを取り去ります。
点滴注射により静脈路を確保した後、静脈麻酔薬を注入し、血圧、心拍数などはモニターで確認していきます。
患者さんは、呼びかけには答えられるくらいのレベルで、眠ったような状態になり、治療に関心を持たなくなります。
処置後は意識や身体の動きが完全に戻ったことを確認して終了となりますが、安全のため一人での帰宅は禁止しています。
必ずお迎えの方や、タクシーなどが必要になります。
麻酔の効果で術中の記憶もほとんど無く、「もう、終わったの?」といった感覚です。

静脈内鎮静法ってどんな状態になるの?

静脈内鎮静法ってどんな状態になるの?

ベッドサイドモニタ(右の写真)利用し、血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。
数分してお薬が効いてくると眠くなります。
ただし、全身麻酔のように意識がなくなることはありません。
「お口を開けてください」といったような、こちらからの問いかけにも応じることができ、会話をすることも可能です。
感じ方は人それぞれですが、うたた寝をしているような感覚です。

どんな効果があるの?

不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
血圧や脈拍が安定します。
また、処置中は自動血圧計などを使って、 患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
さらに、健忘効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。

静脈内鎮静法が適応となる方はこんな方です!

  • インプラント治療に対する不安や恐怖心が強い方
  • 傷みがなくリラックスして、インプラント治療を受けたい方
  • 治療中に気分が悪くなったことのある方
  • 脳貧血様発作や過換気症候群と 言われたことのある方
  • 高血圧症や心疾患など内科疾患があり、全身管理を要する方

費用は?

詳しくは、こちらの料金ページをご覧ください。

インプラントについて(基本編)

インプラントの構造と治療法

歴史

  • 約50年前に、チタンは骨とくっつく(骨結合)ことが発見されました。
  • 約40年前に、骨結合を利用したチタン製のインプラントが臨床応用されました。
  • 安定した成績が得られたため、骨結合型インプラントは世界中で臨床に使われています。
  • 約15年前に、骨結合型インプラントが日本に紹介されました。
インプラントの構造と治療法


構造

基本的には3つの部品で構成されています。

  • フィクスチャー
  • 骨の中に埋入され、骨結合が獲得されることによって土台となる部品

  • アバットメント
  • 歯ぐきを貫通する部品

  • 上部構造
  • 人工の歯

構造


治療の流れ

  • 診断
  • インプラント治療ができるかどうかを診ます。
    どのようにインプラント治療を行うかを模型・パノラマⅩ線写真・CT・および各種ステントを用いて診断します。

  • 検査
  • 安全に手術を行うために、血液検査で客観的に全身状態を把握します。

  • 1次手術

    局所麻酔や静脈内鎮静下でフィクスチャーをあごの骨に埋入します。
    基本的には歯ぐきを閉じます。

  • 治癒期間
  • フィクスチャーが骨と結合するまでの期間。(下顎:3ヶ月、上顎:5ヶ月)

  • 2次手術

    歯ぐきを少し切開して、仮のアバットメントを連結します。
    2~3週間で傷が落ち着きます。

  • 補綴
  • 最終的なアバットメントに交換してから型をとって歯を作ります。(約1ヶ月)

  • メインテナンス
  • スクリューのゆるみや骨の状態を定期的にチェックします。
    最終的には年に2~3回のチェックになります。

ブリッジと入れ歯とインプラントの比較

ブリッジ
ブリッジ

【良い点】
  • 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
【留意点】
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には力がかかり、将来的にいくらかのダメージになることがある。
  • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べかすがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすい。
【治療費用】
  • 保険適用です。
  • さらに良いものを求める場合は自費治療となります。
審美治療の費用について

入れ歯
入れ歯

【良い点】
  • ブリッジでは適用できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健康な歯を削らずに済む。
【留意点】
  • バネがかかっている歯への負担が大きい。
  • 咬む力が健康な状態に比べて30~40パーセントになる。
  • 取り外して手入れをする。
  • 違和感を感じやすい。
【治療費用】
  • 保険適用です。
  • さらに良いものを求める場合は自費治療となります。
入れ歯の費用について

インプラント
インプラント

【良い点】
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
  • 咬む力が天然歯の約80パーセントにまで回復することができる。
  • よく噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。
【留意点】
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
  • 全身またはお口の顎の状態によっては治療できない場合がある。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
【治療費用】
  • 自費治療です。
  • 手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。
インプラントの費用について

インプラントを使った磁石の入れ歯

インプラントを使った磁石の入れ歯(インプラント・マグネットデンチャー)とは、磁石(マグネット)の入れ歯とインプラントを組み合わせた最先端の入れ歯です。
構造は、歯の代わりにインプラントを用いた、マグネット(磁石)の入れ歯で、しっかり咬めるだけでなく、あごがやせていくのを防止したり、咬み合わせの改善など様々な利点があります。
また、骨が少なく固定性のインプラントが困難な場合にも適しています。
また、怖くてインプラント治療をためらっている方には、安心してインプラント治療を受けていただくために、こちらの静脈内鎮静法をご覧ください。

従来の治療法

【総入れ歯】

総入れ歯

歯が1本も残ってなく下顎の入れ歯が動いて、よく噛めません。

【部分入れ歯】

部分入れ歯

バネが目立ってとても気になるだけでなく、その歯に負担がかからないがか心配。

矢印

マグネットデンチャーを使った治療法

【総入れ歯】

総入れ歯

2~4本のインプラントを植え、それを支えにマグネットデンチャーを入れることによって、安定したよく噛める入れ歯になります。
(上顎の場合4~6本で口蓋を覆わない入れ歯にできます)

【部分入れ歯】

部分入れ歯

インプラントとマグネットを併用することでよく噛めるようになるだけでなく、バネがなくなり見た目がきれいになります。
しかも残っている歯に負担をかけません。

インプラントQ&A

クエスチョン インプラント治療の成功率は?
アンサー インプラントが、骨と結合する率は、約98%です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低いことや、骨粗鬆症、糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙などが考えられます。
もし、結合しなかった場合は、インプラントのサイズや性状を変えたり、骨を増やしたりして再手術を行います。
クエスチョン 歯は抜けるのですが、インプラントは抜けないのですか?
アンサー インプラントはあくまでも人工物ですので、メンテナンスをしていないと、インプラント周囲炎という歯周病になり、抜けることがあります。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはかかります。
そして噛み合わせの力が強すぎる人は、インプラントが折れてしまうことさえあります。
当医院では歯を失った原因を明確にして、そのリスクを減らしてから手術をします。
歯周病傾向が強い方は細菌を除菌し歯周病のリスクを減らします。
夜間の歯ぎしりや、咬み合わせの力が強すぎる人は就寝時マウスピースを装着していただきインプラントを守ります。
クエスチョン はみがきは面倒くさいです。でもインプラントはやりたいのですが。
アンサー 結論から言いますと、はみがきしない方には、インプラントを施術することはできません。
といいますのは、インプラントが抜ける原因は、インプラントの周りの歯ぐが炎症を起こし、歯周病になってしまう時です。
歯周病にならないためには、絶対に歯みがきが必要です。
インプラントは自分の歯のように複雑な形態をしていませんので、比較的磨きやすく、汚れも落ちやすいです。
クエスチョン ブリッジが駄目になった後にインプラントをする事は可能ですか。
アンサー そんなときのインプラントです。
骨と歯肉の状態を診てからでなければ断言できませんが、基本的に可能です。
クエスチョン 抜歯して1年以上たってもインプラントはできますか?
アンサー 骨と歯肉の状態により可能です。
以前は抜歯してから、それぐらい待ってから施術することが普通でした。
やせすぎた骨は増やしてから手術します。
クエスチョン 抜歯した後、25年放置して、隣の歯が寄っています。インプラントできるでしょうか?
アンサー 隣の歯が寄ってきていると、インプラントのスペースがないことがあります。
その場合は、かぶせ物や矯正で寄ってきてしまった歯の位置を元に戻してから、インプラントを入れていきます。
クエスチョン 友人がインプラント治療を受けて、しびれが1ヶ月続いたと言っています。
これは、よくあることなんですか?
アンサー 下のあごにインプラントを入れる際に、下歯槽神経という神経が近くにあるため、損傷した際にまれにしびれが起こることがあります。
当医院では、インプラント手術の前に、必ずCT撮影を行い、下歯槽神経の位置を確実に把握して、万全の体制で手術に臨みます。
ただし、医療には予期せぬことが起こるのも事実です。
安全域でインプラントを植えても、しびれが出た報告(当医院ではありません)もあります。
クエスチョン インプラントすると、どんなメリットがありますか?
アンサー 次のようなメリットがあります。
  • 硬いものでもよく噛めて、食事が楽しみになる。
  • 入れ歯のような不快感がなく快適である。
  • インプラントによって、他の残った自分の歯を守る。
  • 友人や家族と自由に会話できる。
  • 若々しい笑顔、表情を取り戻せて自信が持てる。
  • メンテナンスが容易。
  • 骨が痩せることを防げる。
クエスチョン インプラントに欠点はないのですか?
アンサー 次のような欠点が考えられます。
  • 手術が必要
    ただし、ほとんど痛みはありません。
  • 費用がかかる
    保険に比べ比較的費用がかかります。
    しかし、身体に対するインプラントの有用性を考えると、高い費用とは言えません。
  • 期間がかかる
    通常、下顎で3~3.5ヶ月、上顎で5~6ヶ月かかります。
    その他、骨を増やした場合や、上顎洞を持ち上げる手術をした場合は、さらに3~6ヶ月かかります。
クエスチョン インプラントを長く使うためにどのようにしたらいいですか?
アンサー まず、インプラントを手術する前に、そこの歯がなくなった原因を除去してからでないと、自分の歯を失ったのと同じようにインプラントも長持ちしません。
その後インプラントとそれに装着した人工歯、その支持骨、さらに周囲歯肉に感染炎症を引き起こさないように、毎日の適切なプラークコントロールと定期的なメンテナンス、噛み合わせの力のコントロールが必須です。
クエスチョン インプラントの上のかぶせ物の耐久性について教えてください。
アンサー インプラントの場合、歯根膜という歯にあるようなクッションがないので、奥歯の場合金のかぶせ物以外の白いかぶせ物をお望みの場合、インプラントの上のかぶせ物はショックをやわらげるために、わざと擦り減りやすい材料を被せることで力を逃します。
そのため、かぶせ物は消耗品と考え、必ず修理の時期があることをご理解下さい。
クエスチョン インプラントはどのくらい持ちますか?
アンサー 全国平均のインプラントの10年後生存率は、約95%です。
ただインプラントは歴史的に見ても、最も古いのもので45年持ったものしかありません。
つまり若い年齢でインプラントを植えると、一生持つかどうかは、全く未知数です。
インプラントがだめになる最大の理由はインプラントの周囲の歯周病です。
インプラントは絶対虫歯になりません(当たり前ですが)が、歯周病にはなります。
それと噛み合わせの力を常にコントロールしないと危険です。その為にも、定期健診は重要です。
クエスチョン 将来、体に悪影響はないですか?
アンサー インプラントの材料であるチタンは生体親和性に優れているため、身体に悪影響はありません。
ただし、チタンにアレルギーのある方には適用できません。
クエスチョン カード、ローンはありますか?
アンサー 当医院では、各種カードを使うことができます。
また、デンタルローンもご用意しています。
クエスチョン 手術後、歯が入るまでの間は、歯が抜けたままなのですか?
アンサー 前歯の場合は、見た目が悪くならないように仮歯を入れます。
しかしそれは隣の歯にボンドでつけた程度のものです。
奥歯の場合は、症例によって違います。
奥歯は咬合力が強くかかるため、インプラントが、骨と結合するのを妨げる怖れがある場合は仮歯は入れません。
ただし、どうしても仮歯をご希望の場合はインプラントの間にミニインプラントという仮のインプラントを入れます。
クエスチョン 手術後、どれくらいの頻度で通わないといけませんか?
アンサー 手術の次の日、その次の日、さらに3日後、そして2週間後の抜糸。
その後は、傷の治りを待ってから(3から4ヶ月)型とりをします。
クエスチョン 保険はききますか?
アンサー 保険適用外となります。
クエスチョン 年齢制限はありますか?
アンサー 当医院では、成長期の18歳未満の患者さんには行いません。
また、お体に問題がない方であれば70歳以上の方でも、インプラントは可能です。
クエスチョン 喫煙していますが、インプラントはできますか?
アンサー 基本的にはできます。ただし、手術前後1ヶ月位は禁煙していただきます。
喫煙されている方は、傷の治りが悪いので、インプラントの成功率が下がります。
クエスチョン インプラント治療が受けれない人は、どんな人ですか?
アンサー 心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症、顎の骨が極めて少ない方、歯ブラシがきらいな方、ヘビースモーカー、検診にお越し頂けない方、骨粗鬆症のビスフォスフォネート系の薬を飲まれている方は治療ができないことが多いです。
クエスチョン 歯周病でも大丈夫ですか?
アンサー 歯周病の方は、インプラントが歯周病にならないために、先に歯周病治療をしてからインプラントをしていきます。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。
まずは、歯周病を引き起こす細菌を除菌後、インプラント手術をされることをお勧めします。
クエスチョン 糖尿病でも大丈夫ですか?
アンサー 担当の内科医と連絡を取り、手術の可否を決定します。
基本的には、血糖レベルのヘモグロビンエーワンシー(HbA1C)の値が6.5%以下なら大丈夫です。
クエスチョン 金属アレルギーは大丈夫ですか?
アンサー インプラント本体は生体親和性に優れたチタンでできていますが、チタンアレルギーの方は極めて少ないですがいます。
疑いのある方には総合病院にて金属アレルギーテストを受けていただきます。
クエスチョン 手術の際、入院が必要ですか?
アンサー 入院は必要ありません。
(ただし、手術後の安静はある程度必要です。)
クエスチョン 手術は家族が見学可能ですか?
アンサー 手術は、滅菌されている環境下で行いますので、基本的にはお断りしています。
クエスチョン 手術は痛くないですか?
アンサー 局所麻酔を行いますので、痛くありません。
クエスチョン 手術時間はどのくらいかかるのですか?
アンサー 埋め込む本数が1~2本であれば、約60分くらいです。
術前投薬や、血圧を測ったりなどの時間を入れると2時間くらいです。
本数が多い場合は、時間がプラスされます。
クエスチョン 手術当日は車で行っていいですか?
アンサー ご家族の方に付き添って頂いて帰宅していただくのがベストだと思われます。
クエスチョン 手術後、腫れたりしませんか?
アンサー 1~2本のインプラントの手術では大きく腫れることはありません。
3本以上の場合とか、大きく骨を触った場合は腫れることがあります。
ただ、腫れたとしても、それは、ばい菌が感染して腫れるということではなく、外科的な刺激を加えたことに対する反応性の炎症としての腫れですので、心配はいりません。
また、長びいたとしても1週間から10日位で腫れはひきます。
クエスチョン 後遺症とかないのですか?
アンサー 学会ではインプラントの脱落や麻痺などの報告がありますが、全国的にも稀です。
インプラント埋入後、痺れがある場合がありますが、数値的には1%以下です。
クエスチョン 手術当日に、仕事はできますか?
アンサー 手術当日は、なるべくしんどいことはされない方がいいです。
ただ、軽いお仕事であれば問題ありません。
クエスチョン 次の日は休みの方がいいですか?
アンサー 安静という意味では良いと思いますが、必ず休みを取ったほうがいいということではありません。
クエスチョン 手術当日は、運動や食事は大丈夫ですか?
アンサー 手術当日は運動は避けて下さい。
特に激しい運動をされると、血流が盛んになり、痛みがでたり、出血の原因になります。
また、体が疲れると、傷口の治りも遅れます。 食事は、インプラント手術をした部位の反対側でして下さい。
また、手術当日はやわらかい食事にしてください。
クエスチョン 手術当日は、お風呂に入っても大丈夫ですか?
アンサー なるべくなら、避けて頂いたほうがいいです。
理由はお口の中が感染してはいけないことと、特に、長風呂や熱い風呂は血流を活発にします。
そうしますと、痛みが出たり、出血しやすくなったりします。
どうしても、入りたい時はシャワー程度にして下さい。
クエスチョン インプラント手術後の注意事項はなんですか?
アンサー 基本的には、歯を抜いた場合と同じで、次の3つです。
  • 当日はうがいをしない。
  • 当日は、激しい運動、風呂につからない。
  • できるだけインプラント手術部位以外で噛むこと。

インプラントの治療紹介

費用について

さらに詳しくお知りになりたい方は『インプラント専門サイト』まで