松年歯科クリニック

所在地

愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18

アクセス
MAP

歯周病・歯槽膿漏が気になる方

歯周病・歯槽膿漏について

「歯がぐらぐらする」
「歯ぐきが2、3日前から急に腫れて痛くなってきた」
「歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る」
「歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった」
「口臭がある」

このようにおっしゃる方がたくさんいます。
このような主訴で来院された方の大半が歯周病です。

歯周病は一般的にはあまり知られてないですが、非常に恐ろしい病気なのです。
この恐ろしい歯周病は誰にでも忍び寄る可能性のある魔の手であり、その歯周病からいかに抜け出すかというのは非常に重要なことなのです。

また、歯周病になってしまったら、完全に治すことは不可能です。
歯周病においては、これ以上、進行しないようにしていくことが全てなのです。


■ 年を取ったら歯は悪くなって当たり前?

年を取ったら歯は悪くなって当たり前?

歯周病治療のお話をする前に、先ず、今の日本の現状をお話させてください。

「年を取ったら歯は悪くなって当たり前だ」と思ってらっしゃる方が、たくさんいらっしゃいます。
悲しいですが、今の日本の現状ではその通りです。
現在、80歳の方の平均残存指数はたったの6.8本しかありません。
通常、お口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残ってないのです。
アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています。

なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

それは、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところだ」という意識がついてしまったことにあります。

そのために、歯医者自身も削ってつめる治療ばかりを行い、「どうしたら悪くならないように予防できるか」ということを、患者さんに伝えることが出来なかったのです。
これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。

これにより、虫歯になる人も、歯周病になる人も減ることなく来てしまったのです。

スウェーデンでは75歳の平均で約20本も歯が残っているのです。
歯は残せないのではなく、単に歯を残していないだけなのです。
我々も、きちんとしたことを行えば、十分、歯を残せるのです。


■ どうしたら歯がのこせるの?

では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?

その答えが3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。

欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?

年を取ったら歯は悪くなって当たり前?


■ 虫歯がすべてではありません!!

多くの方が、虫歯が原因で歯が抜けてしまうと思っています。
しかし、現実はそうではありません。

下図のように46歳~55歳の方で、歯が抜ける原因の約半分が歯周病なのです。

虫歯がすべてではありません!!

皆さん、歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?

そもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?
多くの方は「歯ぐき」と答えます。
しかし、実際には違います。
実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。

歯槽骨

この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。
歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

この溶けてしまった歯槽骨は元に戻るでしょうか?
これは、元に戻りません(再生療法以外では)!!

歯の表面であれば、悪いところを削ってつめて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある骨を削って詰めることはできないのです。

ということは、歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。
しかも!恐ろしいことに歯周病は痛みが無く進行します。


■ 歯周病は痛みがなく進行する。

皆さん、虫歯になれば痛くなりますよね?
だから、「歯医者は、痛くなったら行くものだ」と思う方が多いわけなのですが、痛みが無く進行する歯周病になると、歯の表面は虫歯でもなんともなく、歯ぐきの下で歯周病が進行し、虫歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということが多いのです。

こういうことが多いのですが、本人は自覚がありません。
ですから、「○○さん、虫歯の治療の前に歯石を取るようにしましょう」と申し上げても、なかなか理解をしてくださらないということがよくあります。

1.歯周病初期    2.歯周病中期前期
歯周病初期    歯周病中期前期
 
3.歯周病中期後期    4.歯周病後期
歯周病中期後期    歯周病後期

自覚症状が無い歯周病を予防していくためにも、3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが欠かせないのです。

「いやー、別に俺は関係ないよ」

とおっしゃる方も多いのですが、そんなことはありません。
現在、日本の成人の約80%が上記の歯周病の何らかの段階に入ると言われています。

ちなみに、歯周病が進行してしまうと、インプラントでの歯を復活させるということも難しくなります。


■ ブラッシングが非常に大事!

まず大切なのは、ご自分のブラッシング、歯磨きです。
「なんだよ、歯ブラシかよ!そんなのはやってるよ」と思われる方が多いようです。

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシなのです。

歯ブラシは誰でもできます。

しかし、正しい歯ブラシができている方は少ないです。
正しくない歯ブラシは、キレイにできていないお掃除と同じです。

いつも掃除はしているんだけど、いつもキレイになっていないところがある。そういう場所はどうなってしまうでしょうか?
1年、2年、3年、10年、20年、キレイにできずに毎日少しずつですが、汚れが蓄積していったらどうなるでしょうか?
もし、それが台所周りだったらどうでしょうか?

これ、エライことになりますよね?お口の中では、そんなエライことが歯ブラシ1つのせいで起こっているんです!


■ フォームで結果が変わる!

正しい歯ブラシの仕方、それはつまり正しい歯ブラシの型・フォームです。

野球でも何でも、スポーツはそうですが、全ては型・フォームから始まりますよね?
フォームが悪ければどれだけ一生懸命やっても良い結果は出ません。

それと同じように、悪いフォームの歯ブラシをいつまで続けていても、良い結果、つまり、歯周病の進行を食い止めるという良い結果は訪れないのです。

「歯ブラシの仕方を変えるなんて、簡単だろ!」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これがそんな簡単なことではないのです。
ゴルフでも、野球でも一度、ついた悪い癖を修正するのは思っているよりも大変なことなのです。
だからこそ、プロ野球選手もフォームの改造を苦労して成し遂げますし、ゴルフにいたっては正しいフォームを身につけることをアドバイスするレッスンプロまでいるのです。

しかし、歯ブラシのレッスンプロというのは聞いたことがありません。
それは、それだけ歯ブラシに対する価値観が低いからだと思います。

正しい歯ブラシのフォームが身についていれば、悪いフォームで磨くよりも少なくとも3本の自分の歯を残すことができると思います。
失ってしまった歯1本の価値はお金で換算すれば、現在、失った歯を取り戻すための人工歯根インプラントが1本30万円程度ですので、90万円です。
自分の歯のほうがずっといいですから、少なく見積もっても正しい歯ブラシには100万円以上の価値があるのではないでしょうか。


■ 歯石を取ることも大切です。

歯周病の治療や予防には、歯についた歯石を除去することも大切です。 歯石は表面がザラザラしています。一方、自分の歯は表面がツルツルです。

どちらが汚れがたくさんつくでしょうか?

当たり前ですが、歯石がついているほうが汚れ(細菌)がつきやすくなります。
汚れがつきやすいと、歯周病が進行してしまいます。 先ほども申し上げたように、歯周病は進行を食い止めることが全てです。

そのためには、この汚れをつきやすくさせる原因である歯石を取り除いたほうが良いのです。
ただ、歯石を取り除く前に、原因である汚れをご自分で取れなければ意味がなくなってしまいます。

また、「歯周病をどんなふうに治すの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

ここをタップしていただければ、実際の歯周病の治療がわかります。

歯周病治療をご希望の患者さんへ

■ 当医院の歯周病治療の流れ

1:主訴の解決
痛みや、咬めないこと等の問題点を解決します。
2:カウンセリング
患者さんの歯周病に対する悩みをお聴きします。
3:検査
写真・模型・レントゲンの採取、歯周ポケット検査等々
4:診断
検査結果をもとに治療計画をお話します。
5:歯周初期治療
当医院ではこのステージを『患者さんが自ら治す環境作りの場』と考えています。
  • プラーク(歯垢:歯の汚れ)コントロール
  • ルートプレーニング
  • ※ルートプレーニングとは、プラークコントロールでは手の届かない歯茎の下の沈着物を除去することです。
    ルートプレーニングによってすべての細菌を100%根面から除去することはできませんが、患者さんの身体が抵抗できるところまで細菌を除去し、その結果歯周組織が正常な機能に戻ることを期待してルートプレーニングを行います。
    つまり、ルートプレーニングの意味とは、「生体のもっている治癒力が発揮されるように口腔内の環境を整えること」であると考えています。
    また、当医院ではルートプレーニングを行う時は、できるだけ痛くなく、短時間で終了することを心がけています。

  • 歯肉のチェック、食生活指導、咀嚼能力測定等々
  • 再評価(歯石が残っていた場合は再度歯石取りをします。)
6:治療
(歯周初期治療を行っても、歯周病の治らない歯に関しては、相談のうえ歯周外科処置や再生療法を行い歯周病を治していきます。)
7:機能の回復
8:歯メンテナンス
歯周病治療で治ったお口を維持していくためには、これからのケア(予防処置)がとても重要な鍵となります。

■ 当医院の歯周病治療に対する考え方

  • 生体の治癒力に期待
  • できるだけ介入しない
  • 原因を見極め的確に除去
  • 自然に近い治療
  • 個別対応

以上の5つを基本に、歯周病治療を行うようにしています。


■ 当医院の考える、歯周病で最も大切なこと

根の断片的

当医院の考える、歯周病で最も大切なこと

奥歯の歯周病の進行を抑えること。
奥歯の根は下の歯で2つ、上の歯で3つに分かれとても複雑な形をしています。そのため、歯周病が奥歯の根の部分まで進行すると、患者さんがうまく歯ブラシをすることができなくなるので、歯周病がさらに進行していきます。
特に、奥歯の根の股の部分(根分岐部)に歯周病が進行するとプラークコントロールが極端に難しくなります。
『歯周病を制することは、根分岐部病変を制すること。』
といわれるくらい、奥歯の歯周病をコントロールさせることは大変難しいのです。
※根分岐部病変:奥歯の根の股の部分で歯周病が起こっている状態


■ 奥歯の歯周病をコントロールするためには

  • 歯周病を起こさないように普段から予防する。
  • 歯周病が進行している状態であれば、口腔内をきれいに掃除し、歯周病を安定させ、その後再発しないようにコントロールしていく。

これら、2つの方法を行ったとしても進行するようであれば、部分矯正、外科処置、再生療法を行うことにより、根分岐部のプラークコントロール可能にし、奥歯の歯周病をコントロールしていきます。

【歯科医療用拡大鏡】

歯科医療用拡大鏡

【外科器具】

外科器具

【エムドゲイン】

エムドゲイン

また、「歯周病をどんなふうに治すの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

歯周病の治療紹介

さらに詳しくお知りになりたい方は『歯周病専門サイト』まで