スタッフブログ

2009年12月16日

アナフィラキシーショックの対応の勉強会に参加してきました!


 

最近急に寒くなってきましたね。今年も後残り1ヶ月をきりました。
ほんとに一年間はあっというまで早いなぁと感じます。

12月13日(日)に“歯科診療室におけるアナフィラキシーショックの対応”
の勉強会に衛生士さんの林さんと参加してきました。

講師は日本蘇生国際トレーニングセンターのインストラクターでもある
高橋 誠治先生です。

アナフィラキシーショックとは薬物などで、ショック症状が起きることで、
重症になると、血圧低下・高度の気道閉塞を伴います。
もちろん起きないことが一番いいのですが、起きてしまった場合
初めに行う緊急対応が最も大切であり、その対処・対応を学んで
きました。

飛行機のパイロットも日頃様々な事態を想定し、シミュレーション
しているのと同じように私達、臨床医学でも日頃のシミュレーション
がとても重要だと感じました。

明日から、また気を引き締めて診療に取り組みます!!

                     ニコニコDr.宮澤

ページトップへ