歯周組織再生療法

 

歯周組織再生療法とは?

歯周病は、虫歯と並んで歯を失うリスクが高い病気です。
成人の日本人では8割以上がかかっているとも言われています。
加齢とともに症状が進行しやすい病気です。

歯周病が進行すると、原因となっている細菌によって、
歯を支える土台となっている骨などの歯周組織が浸食されて溶け、
歯がグラグラしはじめ、最終的には抜歯に至ってしまいます。

今、健康にイキイキと人生を楽しむために、お口の健康は非常に重要視されています。
できるだけ自分の歯でしっかりと噛んで食事をすることで、
健康寿命が伸びることが実証されており、
高齢化社会において「歯」を大切にする生活習慣がクローズアップされています。

今までの歯周病治療では、細菌を歯周ポケットから除去してキレイにし、
歯科医院での定期的なケアを続けることで、健康な状態を維持することは可能でしたが、
いったん失われた歯周組織が自然に元の状態までもどることはありませんでした。

現在では歯周病治療先進国のスウェーデンで考案された
「歯周組織再生療法」が日本にも導入され、歯周病中期程度までであれば、
歯周組織を再生できる治療を患者さまにご提供できるようになりました。
歯周組織再生療法は、垂直性骨吸収の場合に治療が可能です。

また、下記のように歯茎全体が下がっている場合は治療が出来ませんので、
1度、ご相談ください。
 


 

松年歯科当院で提供できる歯周組織再生療法

  1. エムドゲイン法
    歯周組織の再生を促すタンパク質の一種の薬剤を歯根の周りに塗布し、
    歯周組織を再生するための環境を作りだして再生を促す方法。
  2. GTR法(歯周組織誘導法)
    歯周病の術後、骨の自己再生を補助する方法。「メンブレン」という膜を使ってカバーをして、
    土台となる骨組織が再生するのを待つ方法。
    現在は吸収性の「メンブレン」が開発されたため、膜を除去する手術は必要なくなりました。

   ※どちらの再生療法も中等度の垂直的骨吸収に適用されます。
 


 

エムドゲイン法について

歯周組織の再生を促すたんぱく質の一種である「エムドゲイン・ゲル」というお薬を使って、
歯周組織が再生しやすい環境を作り、失った歯周組織を再生させる方法。


歯を支えるためには、歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)が
バランスよく健康的な状態で保たれていることが必要ですが、
従来の歯周病治療では、原因となる最近を取り除いた後、
歯周組織のバランスが崩れたままになってしまうことが多く、
噛みづらい、歯茎が露出して伸びたように見えるなどの点が改善されていませんでした。

この「エムドゲイン・ゲル」には、歯周組織を再生しやすくするタンパク質の一種が使われており、
加齢などで細胞の再生能力が低下している年代の方でも、
バランスよく歯周組織を再生することが可能になります。
 

エムドゲイン・ゲルについて

「エムドゲイン・ゲル」はスウェーデンのビオラ社で開発されました。



薬剤の主成分は「エナメルマトリックスデリパティブ」というタンパク質の一種。
世界的に使用されている薬剤で、安全性が実証されているものです。
日本においても厚生労働省の認可を受けています。

エムドゲイン法のメリット

・比較的簡単な手術で済む
・合併症のリスクが低い
・歯茎の治癒が早く、再生療法が成功しやすい

エムドゲイン治療の流れ

  1. 麻酔を行い、歯茎を切開。
    治療部分の歯根面にこびりついている細菌の塊(プラーク・歯石)を丁寧に除去して清掃。
  2. 細菌によって溶かされた骨などの歯周組織があった部分にエムドゲイン・ゲルを塗り、患部を縫合する。
    歯周組織の再生には8カ月程度(個人差があります)が必要です。
    その間、定期的にケアのために通院していただきます。

エムドゲイン法の症例


このような感じで骨の減った場合に最も再生療法治療の効果が出ます。


 

GTR治療について

歯周病細菌によって浸食され、溶けてしまった歯根膜や
土台となる顎の骨などの歯周組織を再生させる方法です。

歯周ポケット内に溜まったプラークや歯石など、
細菌の塊を丁寧に除去し、
殺菌した上で「メンブレン」という膜を患部に入れます。

いったん失われた歯周組織では、
歯茎が本来歯周組織で構成されなければならない部分にまで増殖しまうため、
骨組織などが再生しづらく、しっかり噛めないなどの症状が残ってしまうことがあります。
その歯茎の増殖を「メンブレン」という膜を使用して抑え、
歯の土台となる歯周組織の正常な再生を促進します。

以前は歯周組織の再生後に「メンブレン」を取り除くオペが必要でしたが、
現在は自然に吸収される素材が開発されたため、再手術は必要なくなりました。

GTR治療の流れ

  1. 麻酔を行い、歯茎を切開。
    治療部分の歯根面にこびりついている細菌の塊(プラーク・歯石)を丁寧に除去して清掃。
  2. 細菌によって溶かされた骨などの歯周組織があった部分にできた空洞に
    「メンブレン(膜)」を被せ、縫合する。
    歯周組織の再生は8カ月程度が目安。
    その間、定期的に通院していただきます。

 

再生療法治療の前に知っておいてほしいこと

まずは検査を行います
再生療法治療はどなたにでも適応できる治療ではありません。
まずは歯周病の進行状態を調べるための検査が必要です。
歯周ポケットの計測やレントゲンなどの検査で情報を集めて診断をします。

手術が終わりではありません
再生療法治療は、オペで終了ではありません。
術後のケアが大切です。むしろそれからがスタートと考えてください。

日々のケアと歯科医院での歯科衛生士によるケアを継続
ご自分の歯周組織をしっかりと再生させ、健康な状態を保つためには、
日々のケアと、歯科医院での衛生士のケアが必要です。
症状が安定してからも、2~3カ月に一度の定期健診へお越しください。


 

歯周組織再生療法の費用

エムドゲイン単体使用法 10万円 + 消費税
エムドゲイン+メンブレン併用療法 15万円 + 消費税