ブログ(歯科医師・歯科衛生士・管理栄養士)

2017年5月25日

食事と運動

みなさん、こんにちは。管理栄養士の成田ですhappy01shine
今日は「運動と食事」についてお話をしたいと思いますshoedash

ランニング.png

 最近は暖かい日も増え、休日になるとジョギングやウォーキングなどの運動をされている方も多く見かけるようになりましたhappy02運動をする目的としては、体力を維持したい、身体を引き締め筋肉をつけたい、体重を落としたいなど様々あるでしょう。ですが、食事のタイミングや内容によっては運動効果が左右され、かえって身体に負担をかけてしまう場合もありますwobblytyphoonどんなふうに食事をしたらいいか、ご自身にあった方法を一緒に考えてみましょうwinkflair

 まず、運動前の食事では、その食事の何時間後に運動するかによって食事のメニューを変えていくのが理想ですshine運動まで30分以内の場合、すぐに消化吸収されエネルギーになるバナナや100%果汁ジュース、ゼリー状の栄養補助食品などがおすすめですgood1~2時間ある場合は、油分や脂肪分が多く消化の悪い食べ物は避け、比較的吸収の早い糖質主体の軽食にとどめておきましょうdelicious 例えば、おにぎりやパン、サンドウィッチ、うどんなどがよいでしょうrestaurant

 運動後にももちろん食事は必要ですhappy01
運動中は身体の中の栄養素がエネルギーに変換され消費されていますし、筋肉などの組織も損傷され修復が必要な状態ですので、食事でそれを補ってあげなければいけません。ダイエットで体重を落としたい方がしてしまいがちなのは、せっかくカロリーを消費したから!と、運動後に食事を摂らなかったり、軽食やサラダだけ食べて終わってしまうことですsweat01身体が消費しやすいのは糖質>たんぱく質>脂質の順になっています。しっかりと栄養補給ができないと体脂肪が減る前にエネルギーを消費してくれる筋肉が減ってしまい、代謝が悪く痩せにくい身体を作ってしまうのですshockthunder

 運動後2時間は筋肉やその他の組織の修復・合成が促進されているゴールデンタイムですflair
この間に食事を摂れば、効率よく疲労回復や筋肉の増加に繋げることができますhappy01とはいえ、運動直後は血液が筋肉に集中しているため、消化機能を担っている内臓の働きが落ち、消化不良に陥りやすいですcoldsweats02
消化の悪い食べ物や脂肪分の多いものは避け、消化しやすい炭水化物や良質なたんぱく質、ビタミン・ミネラル、水分をしっかり補ってあげましょうdelicious

最後まで読んでいただきありがとうございましたhappy02notes

ページトップへ