豆知識

子どもの将来にも影響するお口の悪癖

子育てを経験したお母さまならば、「おしゃぶりを大きくなっても続けるとよくない」というのはご存じの方も多いと思います。
これは、子どもに多方面の影響が考えられるためですが、その中に不正咬合や出っ歯の問題が含まれます。

このおしゃぶりと同じような問題が、悪癖によってもたらされる可能性があります。
指しゃぶりや唇を噛む癖、舌を噛む癖、頬杖、舌で歯の内側を押す癖、口呼吸などが悪癖と呼ばれています。
これらはかみ合わせを乱すだけでなく、将来のお顔にも影響することがあります。

この悪癖のほとんどが歯並びに影響が考えられます。
おしゃぶりもそうですが指しゃぶりや舌を噛む癖を続けていると前歯が短くなり、奥歯がくっついていても前歯に隙間が生じてしまう状態を招くことがあります。
見た目にも悪く、大人になってから人前で口を開けるのが恥ずかしいなど問題を抱えることにつながります。

出っ歯や受け口は見た目が悪いだけでなく、唇を閉じにくくなることがあります。
唇を閉じようとすると、口元に力が入りしわが寄るなど不自然になります。 重症例では、唇を閉じることもできないケースがあります。

これを防ぐには、4,5歳以降は気が付いたらすぐにやめさせましょう。
成長途中にあるお子さまならば、悪癖をやめるだけで歯列が整い、かみ合わせも改善される場合があります。
しかし、素人判断は危険ですので、悪癖による歯の影響が見られたら一度、歯科医院で相談することをおすすめします。

お母さんのお口には虫歯の危険がいっぱい

歯科医院にはお子様の付き添いで、お母様も来ることが少なくありません。
子どもの歯を気に掛けることは大切ですが、お母さま自身のお口の中は大丈夫でしょうか?

かつて、「子ども一人産むごとに歯を一本失う」といわれていた時代がありました。
当時は、赤ちゃんの歯を作るため、お母さんの歯に含まれるカルシウムが溶け出すと思われていたので、そのように言われていたようです。
しかし、現在ではそのようなことはないことがわかっています。

でも、子どもを持つお母さんの生活を見ていると、上記とは違った理由で歯が危ないようにみえます。

子どもが生まれるとお母さんの生活は、これまでと一変したものになります。
育児に追われ、自分のことまで手が回らないという話も聞きます。

もしかしたら、歯磨きもおろそかになっていないでしょうか?

子どもがおやつを食べる年齢になると、子どもに合わせてお母さんもおやつを食べることが出てくるようです。
さらに、自分だけの間食を...というようなことをしてしまうと、断続的にほぼ一日中食べ物が口に入っていることになり、虫歯になりやすい環境を作ってしまっています。

子どもがなかなか寝てくれないなど、お母さんの生活が不規則になることもあるようです。
生活が不規則になるとストレスになり、免疫力も下がってしまいます。

こうなると、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。

お母さんの口腔内の菌は、子どもにも移りやすいことが知られています。
よって、子どもの歯を守るには、お母さんのお口のケアが大切になります。

お子様が歯科医院を受診する際は、お母さんも一緒に定期検診を受けてみてはいかがでしょうか。

子どもの歯を守るフッ素とキシリトール

お子様がいる方ならば、赤ちゃんの生えたての歯を見たことがあると思います。
透き通ったように白くきれいですね。
そんなお子様の歯もケアを怠ってしまうと虫歯になってしまう可能性があります。

そこで、虫歯の予防には第一に歯磨きですが、今回はたびたび耳にするフッ素やキシリトールに注目して見ましょう。

<フッ素の効果>

フッ素にはまだ穴の開いていない初期虫歯において、歯の再石灰化を促進し柔らかい乳歯の表面を強くしてくれます。
歯科医院では定期的なフッ素塗布を行っていますので、興味のある方はぜひご相談ください。
その他、フッ化物洗口やフッ化物が入った歯磨き粉を使用する方法があります。
効果的に使用するには濃度などのポイントがありますので、お気軽にスタッフにお尋ねくださいね。


<キシリトールの効果>

キシリトールは甘いのに虫歯の原因にならず虫歯を防いでくれるという、甘いものが大好きなお子様にはもってこいの甘味料です。
虫歯の原因となる酸を作らず、歯垢をつきにくくし、虫歯菌の働きを弱めてくれます。ガムの形で販売されていることが多く、 おおむね3カ月ほど継続することで効果が期待できます。
効果的な摂取の仕方はスタッフにお尋ねくださいね。


フッ素やキシリトールは子供だけでなくもちろん大人にも有効です。
小さい子の虫歯は大人から菌が移ってできるともいわれています。
ぜひ、フッ素やキシリトールを活用して親子で虫歯予防をしてみてくださいね。

定期的な歯科検診が必要な理由

自分の歯に関心を持つ人が増えたとはいっても、まだまだ日本は歯の健康に関しては後進国であると言わざるを得ません。
というのも、虫歯や歯茎の出血などが起きてからやっと治療に行く人が多いからで、中には歯が痛くてごはんも食べられないのに我慢してしまう人もいます。
こんなことを続けていれば、70歳を過ぎる頃には自分の歯はほとんどなくなってしまいますよね。

お口の健康に対する意識が高い欧米諸国では、数ヶ月ごとの定期検診が習慣となっています。
特に自覚症状がなくてもとりあえず歯科医院で歯をチェックしてもらうことで、ごく初期の虫歯や歯茎の異常などを早期に発見して取り除くことが可能となり、健康な歯を保ったまま年をとることができるのです。
検診の結果、なんらかの問題が見つかったとしても、すぐに治療に取りかかれば治療費も少なくて済みます。
いいことずくめの定期検診、さっそく今日から始めてみましょう!

また、定期健診と併せて、自宅で正しいお手入れを続けていくことも大切です。
一度歯科医院で自分の歯の形に合った磨き方を指導してもらい、毎日丁寧にブラッシングしましょう。
フロスや歯間ブラシも使うともっと効果的です。
そして、食事や間食の取り方にも気をつけましょう。
だらだらと食べていると口の中が酸性に傾いて歯が溶けやすくなるので、時間を決めて食べることが大切です。

あなたの歯の役割 犬歯(糸切り歯)の役割

<犬歯の別名>

「犬歯」は、上下の顎にそれぞれ一対ずつあり、食べ物を切り裂いたり噛んだりする際に使われる歯です。
上顎犬歯・下顎犬歯とそれぞれ名前がついています。

犬で良く発達しているため、「犬の歯」で「犬歯」と呼ぶようになったという説もあり、他の別名としては、槍のように先端が尖っていることから「尖頭歯」と呼ぶこともあるそうです。

また、縫い物などをする際に、糸を引っ掛けて切ることも出来るため、「糸切り歯」という名前もついています。

<犬歯の特徴>

犬歯は、他の歯に比べて根が太く深く、頑丈な歯です。
また、上顎の犬歯は、人間の歯の中で最長の長さを持っています。

老化に伴って歯を失った場合でも、最後まで生えていることが多く、一番寿命の長い歯とも言われています。

また、男女での性差が大きい歯としても知られているそうです。
個人差はありますが、平均的には男性の方が女性よりも大きく、鋭くなっていると言われています。

人間の場合、この歯が生えてくる時期が他の歯より遅いため、生えてくる場所が残っていないことがあり、正しくない場所に生えてしまうことがあります。
この状態の歯を、「八重歯」というそうです。

<犬歯の役割>

犬歯は、顎の動きをアプローチするために、とても大切な歯です。
そのことから、英語では「Kee teeth」などと呼ばれることもあるそうです。

歯を動かすと、それぞれの歯が顎の動きにともなって横に擦り合わされます。
その際に、極端に強く擦り合わさらないように、その力を引き受けてくれるのが上下の顎にある犬歯の役割です。
そのために、犬歯は頑丈かつ、長く太い作りになっているのです。

もし、何らかの理由で犬歯を失ってしまうと、このような役割をする歯が無くなってしまい、顎の運動に影響が出てしまいます。
また、噛み合わせの位置が狂ってしまうため、左右の顎の動きのバランスもおかしくなってしまうことがあります。

もし、犬歯を失うようなことになったら、歯医者さんの治療を必ず受けるようにしましょう。

矯正治療中の食べ物について

歯に装置を付けて、歯列を調整していく矯正治療。
その治療中は、少しだけ食べ物や食べ方に注意をしてあげましょう。

ここでは、矯正治療中の食べ物について、気をつけたいことや食べ方のポイントについてご紹介していきます。

<硬い食べ物編>

硬い食べ物は、装置が外れる原因にもなります。

例えばおせんべいや氷を勢い良く食べたりり、リンゴなどの果物を丸かじりしてしまうと、その衝撃で装置が外れてしまうことがあります。
食べる際は、小さく切って、奥歯で噛むようにしましょう。

また、上記の例以外にも、以下の食べ物や食べ方には気をつけましょう。

・飴やドロップを噛む → 舌の上や口内で舐めるようにしましょう。
・ハードタイプのパンや、漬物を齧る → 小さく切って奥歯で噛みましょう
・スルメなど、歯ごたえのあるものを噛む → 小さく切ってから、奥歯で食べましょう。

<繊維を多く含む・ぽろぽろした物編>

ほうれん草のように繊維質を多く含んだり、挽肉などのように小粒でぽろぽろと溢れるものは、装置の間に挟まったり、引っかかってしまうことがあります。

食事後はしっかりうがいを行い、装置が汚れていないかを確認するようにしましょう。

<甘い物編>

甘い食べ物は、ショ糖を多く含んでいる場合があり、そのため虫歯を引き起こす原因になりやすいです。

キャラメルや餅、キャンディーなどの粘度の高いものは、装置や歯にくっつきやすく、更に虫歯の原因となりやすいとされています。

おやつなどで甘い物を摂る場合は、出来るだけキシリトールを使用したものを使うと良いでしょう。

<矯正装置が痛む時には>

矯正装置のワイヤーなどが痛む時には、噛まなくても食べられるものを摂るようにしましょう。
例えば、おかゆや柔らかく茹でたうどん、豆腐、ポタージュスープなどです。

必須栄養素が極端に偏らないよう、良く煮込んだり、ミキサーやマッシャーで潰すなど、食事形態を工夫してみましょう。

日本で最初の歯医者さん

日本国内で、一番最初に「歯医者」さんとなったのは、小幡英之介という人です。

小幡英之介は、江戸時代のおわりに大分県中津殿町に生まれた人物です。

元は軍学者の家系の長男でしたが、成人後に上京し、当時の横浜で歯科医を開業していた、アメリカ人のエリオット医師に支持しました。

その後、明治政府によって定められた医術開業試験に合格し、「歯科」専門の医師となりました。

当時、「歯科」専門の医師は日本人におらず、小幡英之介が第一号の歯科医として認められました。

それは、明治政府が公布していた「医制」という法律内に、「歯科」という名称がなかったからです。
今現在の歯科医に最も近い科としては、「産科・眼科・整骨科及び口中科」というように、一専門医としてはかろうじて、「口中医」があるだけでした。

それはつまり、当時の医制では歯科医も医師も同じ、というように扱われていたことを表します。
2つの職種の間に区別はなく、歯医者はあくまで口中専門の「医師」だったそうです。
これを医歯一元制と言います。

そもそも、江戸時代後期から明治時代はじめの日本の歯科医療従事者として、口中医と呼ばれる人たちがいたと考えられています。

また、他にも入れ歯職人や、歯抜き専門の歯抜き師、歯の薬や抜歯をなりわいとしていた商人もいたようです。

しかし時代が変わり、医者として国家登録を義務付けられるようになってから、初めて「歯科医」として小幡英之介が登場しました。

彼は、開業試験を主催していた東京医学校に「歯科」での受験を申し入れ、第一号の合格者となりました。

電動歯ブラシで歯を磨こう

歯を健康に、清潔に保つためには、毎日のセルフケアがとても大事です。
もちろん、定期的に歯医者さんのもとで検診をしてもらうことも必要ですが、日々のお手入れとして、歯磨きを欠かさずすることは、虫歯や歯周病の防止にとても役立ちます。

今回は、お家での歯磨きをよりサポートしてくれる電動歯ブラシについて、そのはたらきや使い方のポイントをお伝えしていきます。

電動歯ブラシは、振動や、製品によっては回転などの機能を備え、歯に付着した汚れや着色を掃除してくれる道具です。

最近は色々な種類の電動歯ブラシが製品化され、より高速振動数を高めた、超音波歯ブラシという商品もあります。
こちらの歯ブラシは、歯へプラークが付着する力を弱め、製品によっては、歯周組織の回復も望むことができるそうです。

電動ハブラシを使う際の、主なポイントは次の2つです。

・ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に当てる。
・一本の歯につき、3~5秒程ブラシを当てる。

電動歯ブラシを力を入れて長時間使い続けると、歯や歯肉を傷つけてしまう可能性があるため、鉛筆持ちの力で歯を磨きましょう。

また、電動歯ブラシは、普通の歯ブラシに比べて歯を磨く力が優れていますが、歯の間や、隣の歯との接面の掃除にはあまり向かないとされています。
そのため、より歯磨きの効果を高めるには、歯間ブラシやデンタルフロスなどの併用をおすすめします。

歯磨きは、自分の歯の状態を確認するためにも、大切にしたい習慣です。
日々のケアで少しでも異常や不安を感じたら、歯医者さんに相談してみましょう。

試しに審美歯科に行ってみると、こんないいことが!

少し前から金属アレルギーのことを気にして、審美歯科へ足を踏み入れたという方も少なくありません。
審美歯科では、審美の観点から優れたかぶせ物をすることができるだけではなく、金属アレルギーと無縁の安心できる素材をお口の中に入れることができます。
一般的にいまでも金属によるかぶせ物が選ばれている理由として、ただ単に保険適用を受けることができる治療だからと言うことが挙げられます。
さらに、歯科医を全面的に信頼して、「金属アレルギーのことが話題になっているくらいだから、私にかぶせる物は大丈夫だろう」と安心してしまうこともあります。
しかし、保険治療では金属アレルギーを引き起こす可能性のある物がまだまだ使用されています。
保険治療にばかり目を向けていると、当座は得をした気分になるとしても、その代償が大きくなることがあります。
見た目が損なわれる、最良の治療とは言えないなど、審美歯科での治療に比べると見劣りするケースがあります。
物は試しに審美歯科へ相談に行ったところ、自分の歯のような自然さを作り出すことのできるセラミックなどに感動を覚える方も多くいます。
ときどき美容外科の歯科版のように考えられることもある審美歯科ですが、本当に健康的な生活を送るため、大いに活用しましょう。

本当に価値のある美しい口元を手に入れるには

口元の印象は人を特徴づけてしまうことがあります。
キレイな口元は相手に良い印象を与えます。

どうしても健康保険の適用範囲での歯科治療にこだわっていくと、
口元の美しさという点がおざなりにされてしまいかねません。
それもそのはずで、基本的に健康保険には「美しさ」へのこだわり対しては適用がないからです。
審美の観点からすれば、健康保険にこだわるよりも納得のいく美しさを実現させるために
価値のある治療を選択したほうがはるかに効果的です。

たとえば、できるなら銀歯をなくしたいと思っていても、
保険治療にこだわることと銀歯をなくすことは両立できません。
美しい歯に意識を集中することができれば、審美歯科でセラミックのかぶせ物を入れることができます。

もちろんその分だけ費用がかかりますが、口元に自信をもって健康的な笑顔で毎日を送ることに、
どれだけの価値を見いだすことができるか。
そのようなことを考えてみたときに、必要な費用であると判断をされる方は多いのです。

たとえばオールセラミッククラウンを使用すれば、見た目は自分の歯と変わらないほどの仕上がりで、
しかも美しい色合いを出すことができます。
年月の経過による色の劣化もなく、安心して使用し続けることができます。
白くて健康的な歯で生活することは、心身ともに良い影響を与えます。

このような治療を受けるためには、まず保険の適用を受けられるかどうかという観点での判断をやめて、
自分にとって本当に価値があるかどうかの判断が大切になってきます。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages
ページトップへ