豆知識

痛くない治療がいい!ちくっとしない優しい麻酔って?

虫歯の治療は痛いもの...虫歯が神経まで達していた場合には、
通常の治療では痛みによる負担が大きくそのままでの治療はお勧めできません。
そのため通常は麻酔を注射してから治療するものですが、その麻酔注射というのも、
これまた虫歯に負けず劣らず痛いものなんです。
経験したことがある方ならわかると思いますが、
虫歯を治すためとはいえあまり経験したくない痛みだと思います。
でも、虫歯の治療を麻酔なしでというわけにはいきませんし、
今まで痛みを我慢してきた方も多いはずです。

ですが最近ではそんな麻酔事情も変わってきており、
なんと"あまり痛くない麻酔"の方法ができたんです。
当院では痛みの少ない麻酔処置を行っており、
患者さんの負担をなるべく減らした治療を心がけています。
ではどのようにして痛みを減らしているのかと言いますと、
まず、注射する部位にあらかじめ麻酔の塗布を行います。
これにより注射針が刺さっても痛みがあまり感じられなくなります。
そして麻酔注射の針ですが、一番細い針を使用していますので、
これだけでもかなりの痛み軽減が見込まれています。
また、麻酔の注入にも注意を払っており、
ゆっくりと時間をかけて行うことで痛みを抑えて麻酔をすることができるんです。

これらの方法を導入することで、痛みをあまり感じることなく
麻酔をかけることができるようになりました。
これにより小さなお子様でも安心して麻酔をかけられますし、
麻酔にあまり良い印象のなかった方にも安心して治療を受けていただけるのではないでしょうか。
まずはご相談ください。

歯医者は昔と今とじゃちょっとだけ違う?

現在では歯科医院の方針は昔とは少し変わってきていて、どちらかというと予防や、
虫歯などに犯されていない健康な歯を守るような方向の治療に力を入れるようになってきています。
定期的な検診は昔から推奨されてきましたが、近年ではさらにそれらに力を入れており、
いつまでも自分自身の歯を残しておくために虫歯や歯周病といった疾患の治療も、
できる限りもとの歯を残すようにして安易に削ったり抜歯しないようになっているんです。

他にも、現在では患者さんの不快感やおっくうに感じていた処置にも対策が採られて、
特に麻酔に至っては昔と比べて本当に痛みが軽減されてきています。
痛みを抑えるための注射がかえって痛いということもあって、
大人でも憂鬱(ゆううつ)に感じてしまっていた人は多いはずです。
現在では痛みを抑えた麻酔をすることもできるようになっており、
歯科医院によっては笑気麻酔を行うこともできるため、
子どもでも安心して治療を受けられるような体勢ができてきています。
歯をなるべく大切にしていくためには歯医者での治療や健診は必要なことですし、
歯医者に嫌悪感を抱かせないためにもこういった"対策"は今後も続けて行かなくてはいけないことでしょう。

歯は普通にしていてもどんどん摩耗していくもので、
虫歯や歯周病にかかればその速度はどんどん加速して行ってしまいます。
永久歯は失くしてしまえばもう二度と生えてこないものですので、大切にしていかなくてはいけません。
いくつになっても食事を楽しむためにも、今からでも健診を定期的に行って予防を心がけていきたいですね。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages
ページトップへ