管理栄養士ブログ

2018年4月 5日

食育イベント開催しました☆

こんにちは。管理栄養士の小栗です。

先日告知させていただいていたイベントを25日に開催しましたsun

親子6組がご参加くださいました。

 

今回は親子でパンケーキを作るということで、野菜パンケーキを焼きましたcake

親子で焼いたりトッピングをしたりと楽しい雰囲気でした

また、試食の際も“おいしい”という声をたくさん聞けました。

 

その後は、少しおやつについてのお話をさせていただいて、おやつの選び方や与え方についてアドバイスをさせて頂きましたshine

今回お伝えさせていただいたことを少しでも実践していただけたら嬉しいです。

 

今回管理栄養士としての集団指導第1回目を開催させていただきましたが、今後もいろいろなイベントを行い、管理栄養士から皆様にさまざまな知識をお伝えしていければと思います。

P1020514.JPGP1020559.JPG

2018年3月 9日

3月25日告知のお知らせ

 こんにちは。管理栄養士の北村ですwink
先日ブログで告知をしていたイベントの詳細が決まりましたsign01

松年歯科第1回栄養指導 画像2.jpg

3月25(日)11時~当医院の2Fにて行います。
対象は2~3歳のお子様とその保護者の方ですrun
通院されてる患者様が対象ですshine

野菜を使ったヘルシーなパンケーキをみんなで作りますcake
また当日はパンケーキ作りだけでなくちょっとしたお茶会の時間も設けております。
食事の際のお困りごとなどをお話させていただく予定ですconfident

参加費はもちろん無料です!

気になった方は当院のスタッフまでお声がけください。
参加お待ちしておりますhappy01

 

2018年2月 5日

こんにちはsun
管理栄養士の北村ですconfident

2018年始まりましたね!今年もよろしくおねがいしますshine

今年は松年歯科で栄養指導がスタートしますnote
そこでより良い指導の行っていくために
今月の上旬に管理栄養士の河野結さんとお会いしてきましたriceball

IMG_4089.PNGのサムネイル画像

河野結さんは現在保健指導を行い様々な方の栄養指導をする他、
セミナーを開いたり、歯科医院での栄養指導もサポートしておられます。
昨年の12月に勉強会に参加したことをきっかけに当院でもサポートいただけることになりましたhappy02

私たちも歯科医院での栄養指導として動き始めたばかりですが
これから患者様の健康のサポートができるように頑張りますwink
何か食べる事でお困りごとがありましたらいつでも当院の管理栄養士にお声がけくださいshine

早速ですが告知ですflair

3月に当院で集団指導を行います!
「歯科疾患は全ての疾患のはじまり」というテーマです。
詳しい詳細は2月ごろ院内でお知らせしますnote

みなさん楽しみにしていてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございますbanana

2017年12月27日

12月の1品料理

1.png2.png

2017年11月30日

季節の一品~白菜と鶏団子のクリームスープ~

鶏団子.png

2017年11月16日

身体を温める食材と冷やす食材

みなさん、こんにちは!
管理栄養士の成田ですhappy01
最近は本当に冷え込みが激しくなってきましたねbearing今日は「身体を温める食材と冷やす食材」についてお話をしたいと思いますwinkshine過去の「冷え性」の記事で身体を温める食材について少しだけ触れましたが、今回はさらに詳しくお伝えしていきますね!

sick_samuke.png

◎野菜
 身体を温める野菜の特徴としては、冬が旬のもの、地面より下にできるもの、黒・赤・オレンジ色のものなどがあります。反対に冷やす野菜は、夏が旬のもの、地面より上にできる、白・青・緑色の葉物野菜が多いです。ただ例外もあり、トマトは赤いですが南米の暑い地域の食材なので冷やす野菜。白菜は冬が旬ですが、色が緑色の葉物野菜なので冷やす野菜となりますcoldsweats02このように、見分け方には例外もありますので、目安として考えてみてくださいねsmile
 
 身体を温める野菜には、にんじん、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃ、生姜、にら、にんにく、ふき、赤唐辛子などがあります。冷やす野菜は、レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、小松菜、きゅうり、トマト、なす、ゴーヤ、セロリ、もやし、おくら、大根などがあります。

◎魚介類
 魚介類にも、体を温めるものと冷やすものがありますfishdash
ただ、全般的には体を温めるものが多く、特に寒い北の海で獲れる魚や赤身の魚は、温めるはたらきが強いようですdelicious
 身体を温める魚介類には、鮭、まぐろ、かつお、サバ、イワシ、さんま、ちりめんじゃこなどがあります。冷やす魚介類はうなぎ、はも、あさり、しじみ、ウニなどがあります。

◎肉
 お肉も魚介類と同じで赤身の方が温めるはたらきが強いですhappy02
身体を温めるお肉には、牛肉、鶏肉、鶏のレバー、羊の肉(ラム)、鹿の肉などがあります。冷やすお肉は豚肉ですpig
 全般的には温めるはたらきをするお肉ですが、その中で豚肉が冷やす傾向にあります。
沖縄で料理に豚肉が広く使われていたり、鹿児島で黒豚が有名なのも、温かい地域の人の熱い体を冷やしてくれる働きがあるからかも知れませんねlovely

 ここまで、身体を温める食材、冷やす食材についてご紹介してきましたが、体を冷やすものはダメ、ということではありませんwink栄養価が高い、抗酸化力が高い、酵素がたっぷりなど、食べ物にはそれぞれ特性があります。特性を理解してバランスよく食べるのが一番ですねdeliciousshine

 最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

2017年10月27日

季節の一品~きのこの土鍋ごはん~

季節の一品1.png季節の一品2.png

2017年10月16日

「旬」を食べよう☆

皆さんこんにちは!
管理栄養士の佐多賀です。happy01

秋と言えば、「スポーツの秋」「芸術の秋」「読書の秋」などなど色々な秋があるかと思いますが、皆さんはどの秋を過ごされていますか。
私は専ら食欲の秋を満喫していますdelicious
秋って美味しい食べ物がいっぱいありますよねflair
そこで今日は季節ごとに変わる「旬」についてお話ししようと思います。

旬 改良.png
(写真は今が旬の柿、さつまいも、しいたけです☆)

「旬」とは、魚や野菜、果物などが一番多くとれてなおかつ最も味がいい季節のことですshine

市場にたくさん出回るので、値段も安く、栄養も豊富です。
最近では、ハウス栽培や養殖、外国からの輸入などでたくさんの食材がいつの季節でも食べることが出来るようになりました。
いつでも手に入る便利さの反面、その食材の「食べ時=旬」がわからなくなっていませんかsign02
旬の食材を食べることは何故良いのかというと、安く手に入るということだけでなく、旬だからこそ得られる、栄養価の高さなのですsign03

旬の食材は、食物本来が備えている自然のリズムの中で成長しているため、他の季節に比べ格段に栄養価が高くなっています。
果物は旬の時期になるとビタミン含有量が他の時期に比べて5倍もあるというデータが出ているくらいですeyeshine
そしてその栄養の働きも私達人間の体のサイクルに合っているのです。
例えば、暑い夏が旬のキュウリやスイカなどには利尿作用があり、からだを冷やす効果があり、寒い冬が旬のレンコンやカブは、からだを温める作用があるのですflair

このように旬の食材はその季節に合わせた働きがあるため体の健康にも良いのです。
私たちも、旬の食材を上手に日々の食生活に取り入れて、毎日元気に過ごしましょうhappy02
最後までブログを読んで頂きありがとうございましたheart02

 

2017年9月30日

9月の季節の一品☆

季節の一品(上).png
季節の一品(下).png

お米について

みなさんこんにちはhappy02

管理栄養士の北村ですshine
今回は「お米」についてお話しますriceball

FullSizeRender (4).jpg

みなさんは一日3回の食事でお米を食べているでしょうか?

3食必ず食べる人、パン食、麺類の多い人などさまざまだと思いますnote
近年の食生活は欧米化によりご飯などの炭水化物が減りつつあり、
肉類等の脂質の摂取量が増えつつあります。
脂質の摂り過ぎは生活習慣病を引き起こす恐れがあるため、
主食としての穀物をしっかり摂ることが大切ですgood

お米の種類にはその精製される工程によって玄米・胚芽米・精白米に分かれますflair
稲からもみ殻を除いたものを玄米、玄米からぬか層を除いたものを胚芽米、
ぬか層と胚芽部を除き胚乳だけにしたものを精白米といいます。

皆さんが食卓に多く並んでいるのは精白米が多いのではないでしょうかconfident

精白米は精製されているぶん消化吸収されやすいというのが良い点ですが
玄米は精白米に比べて食物繊維やビタミンB群、ビタミンE、鉄が豊富ですup
胚芽米は精白米の消化吸収の良さと玄米の栄養分がミックスされているので
お年寄りの方にも美味しく食べやすい食材ですwink

お米は穀類の中でも日本の気候・風土に合っているので日本人はお米の食生活が適していますsign01

最近お米を食べる回数が減ってきたなと感じているあなた!
これを機会にご飯を食べる頻度を見直してはいかがでしょうかhappy01

またお米はたくさん噛めば噛むほど優しい甘味が出てきますriceball
これは噛むことによって唾液が分泌され、お米に含まれるデンプンが
分解されることによって甘味を感じます。
たくさん噛んで味わい、口腔内から全身の健康に繋げていきましょうshine

最後まで読んでいただきありがとうございますnote

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages
ページトップへ